fc2ブログ

ケイビラン(鶏尾蘭)

ケイビラン1


ケイビラン2


ケイビラン3


ケイビラン4


ケイビラン(鶏尾蘭)
ヤクシマケイビラン(屋久島鶏尾蘭)
栽培種

分類 : ユリ科ケイビラン属 多年草
学名 : Alectorurus yedoensis
分布 : 本州(紀伊半島以西)~四国・九州(屋久島まで) 山地のやや湿った岩場や崖などに生える。
特徴 : 根元から出る剣状形の葉は重なり合って一方向に反り返り、長さ10~40cm。
  葉裏には縦に緑白色の筋が入る。
  花茎は20~40cmに伸び、円錐花序に径5mm前後の小さな花が多数付く。
  雌雄異株で、雄花の花弁は長楕円形でオシベは長く突き出る。
  雌花は卵状楕円形
(写真の花は雌花と思われます)
 ※
屋久島ケイビランはケイビランより小型で
  葉の長さ7~10cmで、つき方に違いがあり、花茎の長さ15cm位。
名前の由来 : 岩の割れ目などに生えた葉の姿を、雄鶏(おんどり)の尾羽にたとえた。

メモ=ケイビランは西日本の限られた場所だけに自生していて
  自生している県では絶滅危惧種に指定されています。
  購入した鉢には「屋久島ケイビラン」の名札があり、屋久島の固有種だそうです。
  
学名、分布、特徴については『ケイビラン』を基にして記しています。
 我が家で栽培している品種は、ネット図鑑で見る屋久島ケイビランより大型のように思えます。


スポンサーサイト



テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード