ユーパトリウム 

ユーパトリウム11-1


ユーパトリウム11-3


ユーパトリウム11-4


ユーパトリウム
青花フジバカマ 宿根アゲラタム ミストフラワー など

分類 : キク科コノコリニウム属 耐寒性多年草
学名 : Conoclinium coelestinum
原産地 : アメリカ中部~南東部 西インド諸島
特徴 : 草丈50~80cm。
  葉は卵形~長楕円形ですが、上部の葉は三角形となっていて
  葉の縁には規則的なギザギザ(鋸歯)が入り、先端は尖る。
  茎の先端に花径1cmほどの花が集まって咲く。
  花期は7~10月と長いです。
  
メモ=アゲラタム(オオカッコウアザミ)によく似ていますが
  小花の集り方がアゲラタムよりまばらです。
  また、アゲラタムも同じキク科ですがアゲラタム(カッコウアザミ)属に対して
  ユーパトリウムはコノコリニウム属になっています。
 ・
この植物は、以前はフジバカマと同じ
  ユーパトリウム(Eupatorium …ヒヨドリバナ)属でしたが
  現在はコノコリニウムという属に分類されています。
  しかし、流通名は当時のままで使われています。


スポンサーサイト

Posted on 2011/08/31 Wed. 13:48 [edit]

CM: 5
TB: --

top △