クチナシ(梔子) 

クチナシ1


クチナシ3


クチナシ2


クチナシ(梔子)

分類 : アカネ科クチナシ属 常緑低木
学名 : Gardenia jasminoides
分布 : 本州(静岡県以西)~沖縄  常緑樹林の縁などに生える。
特徴 : 下部からよく分枝し、樹高は1.5~3mになる。
  枝先の葉腋に花を一つずつ咲かせる。
  花の基部は筒状で、先は5~7つに裂け、大きさは6~8cm。
  オシベは6個で、花柱は長さ約4cmの棍棒状、よく目立つ。
  花の咲き始めは白色をしていて、次第に黄色に変化します。
  冬に6つの稜がある赤橙色の実が熟れます。
名前の由来 : 冬に熟れる実が口を開かないので『口無し』が訛ったという説。
  他に、果実にある突起部分を嘴に例えて『くちはし』が訛ったという説もあります。

メモ=春のジンチョウゲ(沈丁花)、秋のキンモクセイ(金木犀)と並び
  芳香のある代表的な花木として庭木や公園樹などで栽培されます。
  果実はオレンジ色をしていて、布の染料として使われる他
  たくあんやキントンの着色料としても利用されます。


スポンサーサイト

Posted on 2011/06/30 Thu. 11:21 [edit]

CM: 2
TB: --

top △