ナンジャモンジャの木 

ナンジャモンジャ1 
 
ナンジャモンジャ2 

ナンジャモンジャ1-2 

ナンジャモンジャ
和名はヒトツバタゴ(一つ葉たご)

分類 : モクセイ科ヒトツバタゴ属 落葉高木
学名 : Chionanthus retusus
分布 : 愛知県、岐阜県の木曽川流域 長崎県対馬市 限られた地域に自生
特徴 : 学名のチオナンサスはギリシャ語で『雪の花』を意味し、
  満開の時は雪をかぶったように木全体が真っ白になる。
名前の由来 : ●ヒトツバタゴ=植物用語で托葉がなく単葉であり
   トネリコ(別名をタゴ)に似ていることから。
  ●ナンジャモンジャ=諸説ある中の一つに、
   その昔、東京の明治神宮外苑にあったこの木の名前が分からず
   あの木は『ナンジャモンジャ』と呼んでいたからとか…。

メモ=自生地は限られた地域だけということもあり、珍樹として扱われ
 現在では実生、移植により育てられた木が、
 全国の公園、神社、お寺、学校などに植えられている。


スポンサーサイト

Posted on 2010/04/30 Fri. 10:45 [edit]

CM: 10
TB: 0

top △