2017年・「やまが桜園」の桜たち…4 



フクロクジ17-1z



フクロクジ17-2z



フクロクジ17-3z



フクロクジ17-4z


2017年・「やまが桜園」の桜たち…4
フクロクジュ(福禄寿)
ヤエアケボノ(八重曙)


八重(花弁数15~20枚)  大輪  淡紅色
東京の荒川堤で栽培されていたオオシマザクラ系の里桜で香りがあり
明治時代に全国に広まった優美で美しい桜ということです。
花弁が大きくしわ状に波打ち
不規則にねじれるのがこの桜の特徴だそうです。
名前の由来については分かりませんでした。



 データなどは2012年4月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2017/04/26 Wed. 10:00 [edit]

CM: 1
TB: --

top △

2017年・「やまが桜園」の桜たち…3 


ベニトラノオ1z



ベニトラノオ2z



ベニトラノオ3z



ベニトラノオ4z


2017年・「やまが桜園」の桜たち…3
ヤエベニトラノオ(八重紅虎の尾)


八重(花弁数15~30枚)  大輪  淡紅色
外側の花弁の縁や外面がやや濃い色になる。
塊状に付く花と若葉の色のコントラストが美しく
古くから京都で栽培されていた品種だそうで
長く伸びた枝に密集して咲く様を虎の尾に見立てられました。



 データは2011年4月投稿記事に加筆修正しました。



Posted on 2017/04/25 Tue. 10:07 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

2017年・「やまが桜園」の桜たち…2 


ヤエベニシダレ1z



ヤエベニシダレ2z



ヤエベニシダレ3z



ヤエベニシダレ5z


2017年・「やまが桜園」の桜たち…2
ヤエベニシダレ(八重紅枝垂れ)
センダイシダレ(仙台枝垂れ)
センダイヤエシダレ(仙台八重枝垂れ)
など


八重  小輪  淡紅色
エドヒガンザクラ(江戸彼岸桜)の枝垂れ系の桜だそうで
小枝にも多くの花をつけ
花柄が長く、花は垂れ下がって咲きます。
江戸時代から栽培されていたものを
明治初期に仙台市長の遠藤さんがこの桜を殖やして各地に贈り
普及に努めたので「遠藤桜」とも呼ばれます。




 データなどは2010年3月投稿記事に加筆修正しました。



Posted on 2017/04/24 Mon. 10:31 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2017年・「やまが桜園」の桜たち…1 


ベニユタカ1z



ベニユタカ2z



ベニユタカ3z



ベニユタカ4z


2017年・「やまが桜園」の桜たち…1
ベニユタカ(紅豊)
マツマエベニユタカ(松前紅豊)


八重  大輪  紅紫~濃紅色
北海道松前町桜見本園の育成種。
芳香があり、豊かな重弁で花弁の濃淡が美しい品種。
外側の花弁は色濃く、散り際には赤く染まるそうです。


 データは2010年4月投稿記事に加筆修正しました。




○「やまが桜園」に出かけられるのも今年までかなと思いつつ
  重たい腰を上げ、3回ほど花見に行きました。
  すでに散ってしまったサクラたちもありますが
  八重咲きの桜を中心に綴っていきます。



Posted on 2017/04/23 Sun. 10:19 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

2017年・ご近所の桜たち…8(終) 


ソメイ17-1z



ソメイ17-3z



ソメイ17-4z



ソメイ17-6z



ソメイ17-5z


2017年・ご近所の桜たち…8(終)
ソメイヨシノ(染井吉野)


江戸時代末期に江戸駒込染井村の植木商から広まったソメイヨシノは
たった1本の木から始まったとされています。
現在全国で植栽されているソメイヨシノは
その1本が親木となり、全て接木等によって栽培(栄養繁殖)されたもので
いわゆる元の桜の木と同じ遺伝子を持つクローンだそうです。





※ 記事は2013年3月投稿記事からの抜粋です。




Posted on 2017/04/13 Thu. 10:43 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2017年・ご近所の桜たち…7 


ヤマサクラ17-1z



ヤマサクラ17-2z



ヤマサクラ17-3z



ヤマサクラ17-7z



ヤマサクラ17-6z


2017年・ご近所の桜たち…7
ヤマザクラ(山桜)

一重 中輪 白~淡紅白色
太平洋側は宮城県以西、日本海側は秋田県以西~
四国・九州~対馬~屋久島の山地に広く自生。
日本の野生サクラの代表格で、古くから親しまれてきたサクラ。
花が咲くと同時に若葉が展開します。
花は一つの軸に1~5個付き、若葉は赤、茶、緑色など変異が多く
葉だけでなく、開花が早いもの、遅いもの、幹の色などにも変異があり
個性豊かなサクラということです。


メモ=現在はサクラといえばソメイヨシノ(染井吉野)が代表格になっていますが
  ソメイヨシノの品種が発見され、全国に広がったのは明治期以降。
  吉野山(奈良県)のサクラの大部分はヤマザクラといわれています。



 データなどは2016年4月投稿記事からの転載です。



Posted on 2017/04/12 Wed. 10:27 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2017年・ご近所の桜たち…6 


ヨウコウサクラ17-1z



ヨウコウサクラ17-2z



ヨウコウサクラ17-3z



ヨウコウサクラ17-4z



ヨウコウサクラ17-5z


2017年・ご近所の桜たち…6
ヨウコウ(陽光)
ベニヨシノ(紅吉野)


一重  大輪  紅紫色
アマギヨシノ(天城吉野)とカンヒザクラ(寒緋桜)を交配して作出された園芸品種。
ソメイヨシノ(染井吉野)より少し早目に開花。
花弁には切れ込みが見られる。
早春を飾る大輪の桜といわれています。



 記事は2013年3月投稿記事からの転載です。



Posted on 2017/04/02 Sun. 10:54 [edit]

CM: 0
TB: --

top △