2018年春・「やまが桜園」の桜たち…12 終 



オウシュウサト1z



オウシュウサト2z



オウシュウサト4z



オウシュウサト5z


2018年春・「やまが桜園」の桜たち…12 
オウシュウサトザクラ(奥州里桜)
イタダキザクラ(戴き桜)


半八重  大輪  淡紅紫色
オオヤマザクラとサトザクラの一種が交雑して出来た品種と考えられているそうです。
上向きに伸びる枝に花芽がよく付き、花弁は5~10枚。
花弁は丸く、花柄があまり長くないなどにオオヤマザクラの特徴が見られるということです。
岩手県盛岡市周辺で多く植栽されていることからの名前で
原敬記念館(盛岡市)にある「戴き桜」と呼ばれている桜もこの品種で
南部藩の殿様が原敬の父に賜ったことから。


○品種名は桜の木に添えられている名札に従っています。
○今回をもって『「やまが桜園」の桜たち』を終わりにします。
 お付き合い下さり有難うございました。



スポンサーサイト

Posted on 2018/04/18 Wed. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2018年春・「やまが桜園」の桜たち…11 



シオガマ18-2z



シオガマ18-3z



シオガマ18-5z



シオガマ18-4z


2018年春・「やまが桜園」の桜たち…11
シオガマザクラ(塩釜桜 又は 鹽竃桜)


八重  大輪  淡紅白色
花弁には縦しわがあり、先端は尖り
メシベは緑色に葉化します。
咲き進むにつれて花弁は白くなります。
植え込み場所によって花に差異が生じるそうです。


この桜は平安時代から陸奥を代表する桜として知られていて
原木は宮城県塩竃(しおがま)市の塩竈神社にあり
一度は高齢のため枯死しかかりましたが
枯死直前の枝を庭師によって接ぎ木がなされ
現在は保存会により接木した苗木が育っているそうです。

○品種名は桜の木に添えられている名札に従っています。



2010年4月投稿記事に加筆修正しました。



Posted on 2018/04/17 Tue. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2018年春・「やまが桜園」の桜たち…10 



シズカ18-1z



シズカ18-3z



シズカ18-2z



シズカ18-4z


2018年春・「やまが桜園」の桜たち…10
シズカ(静香)
マツマエシズカ(松前静香)

八重  大輪  微淡紅白色
里桜のアマノカワ(天の川)とアマヤドリ(雨宿り)の交配種。
北海道松前町で桜研究家の浅利政俊氏が1960年に作出した品種。
香りが強い白色の優美な花を生み出そうとして育成された品種だそうで
芳香を有していることにちなみ名付けられたということです。


○品種名は桜の木に添えられている名札に従っています。


2011年4月投稿記事に加筆修正しました。



Posted on 2018/04/16 Mon. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2018年春・「やまが桜園」の桜たち…9 



ヒヨドリサクラ18-1z



ヒヨドリサクラ18-2z



ヒヨドリサクラ18-3z



ヒヨドリサクラ18-4z


2018年春・「やまが桜園」の桜たち…9
ヒヨドリザクラ(鵯桜)

菊咲き  中~大輪  濃紅色
江戸時代から登場していた桜だそうで
1916年に記載されて以来絶滅したと思われていたものが
1970年に石川県七尾市の個人邸にあったものが再発見された桜。
菊咲き桜では最も花弁数が多い品種で
花弁数は300~500枚といわれ
菊咲きから段咲きに咲き進み、球状となって垂れ下がる。
あるサクラ図鑑には「外向きにはね上がった花弁はヒヨドリの羽のよう」
と表現されていました。

○品種名は桜の木に添えられている名札に従っています。



Posted on 2018/04/15 Sun. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2018年春・「やまが桜園」の桜たち…8 



ギョイコウ18-4z



ギョイコウ18-3z



ギョイコウ18-2z



ギョイコウ18-1z


2018年春・「やまが桜園」の桜たち…8
ギョイコウ(御衣黄)

八重  中輪  黄緑色
ウコンよりやや小型で花弁が細い。
花弁にはウコンと同じように葉緑体を持ち
咲き始めは緑色をしていますが、次第に黄緑色から黄色になり
中心部が赤味を帯びると同時に赤い筋が入り
満開時には花の中心が紅色に変化し、赤色の縦線が明瞭になります。
植えられた場所や時期によって、花の大きさや色合いなどに差が出るそうです。
御衣(ぎょい)とは、貴人の衣服、お召し物のことで
花色が貴人の衣装の萌黄(もえぎ)色に近いため御衣黄と名付けられた。

○品種名は桜の木に添えられている名札に従っています。


2010年5月投稿記事を大幅に加筆修正しました。



Posted on 2018/04/12 Thu. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2018年春・「やまが桜園」の桜たち…7 



ウコン18-3z



ウコン18-2z



ウコン18-4z



ウコン18-5z


2018年春・「やまが桜園」の桜たち…7
ウコン(鬱金)
キザクラ(黄桜)

八重 中~大輪 微淡黄緑色
葉の展開と同時に花が咲き、茶色の若葉と花色のコントラストが美しい桜です。
咲き進むにつれ、花弁の脈に紅色が入り、散り際に花は赤く染まります。
花弁に葉緑体を持つ桜で、欧米でも人気の品種だそうです。
花の色が染物のウコン色をしていることから付いた名前。


○「やまが桜園」ではウコンの名札とキザクラの名札は別々の木に添えられています。
 他の別名としてアサギ(浅黄)とビジンザクラ(美人桜)があります。


2011年4月投稿の記事を大幅に加筆修正しました。



Posted on 2018/04/11 Wed. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2018年春・「やまが桜園」の桜たち…6 


ヒロサキ18-1z



ヒロサキ18-3z



ヒロサキ18-4z



ヒロサキ18-5z


2018年春・「やまが桜園」の桜たち…6
ヒロサキサンダンザキ(弘前三段咲)
「やまが桜園」の名札はヒロサキ(弘前)

八重  大輪  淡紅色
青森県弘前市の弘前公園(鷹揚公園)で栽培されている品種。
2本の葉化したメシベがあり、花の大きさや色合いなどが
「フゲンゾウ(普賢象)」という桜によく似ているといわれ
淡紅色重弁の花は美しく、気品があると表現されています。
「三段咲」の名前の由来は分かりませんでした。


2012年4月投稿記事に加筆修正しました。



Posted on 2018/04/10 Tue. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2018-07