オオサカフユザクラ(大阪冬桜) 



フユサクラ17-1z



フユサクラ17-2z



フユサクラ17-4z



フユサクラ17-5z


オオサカフユザクラ(大阪冬桜)


八重  小輪  白色
春と秋の二季咲き。
10月下旬から11月上旬に開花し、冬の間もポツポツと咲き続けます。
春は3月上旬~下旬に開花し、冬より花数は多く、花径はやや大きい。
中心の花弁は立ち気味につき、捩じれます。
コブクザクラ(子福桜)に近い品種だそうです。
名前の由来、来歴は不明だそうです。




データは2014年11月投稿記事に加筆修正しました。



○歳のせいに寒さも加わり、おまけに写す花も少なく
 車運転の気力も失せがちなので
 暫くは撮り貯めの画像を交えたり
 時々休んだりしながら投稿してまいります。



スポンサーサイト

Posted on 2017/12/19 Tue. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2017年・「やまが桜園」の桜たち…7(終) 


イモセ2z



イモセ3z



イモセ4z



イモセ5z


2017年・「やまが桜園」の桜たち…7(終)
イモセ(妹背)
ヒラノイモセ(平野妹背)


八重(花弁数20~50枚)  大輪  淡紫紅色
八重咲き、菊咲きのほか
花の中心から更に花弁が出てくる二段咲きが見られる不思議な桜ということです。
メシベが2本あり、結実すると二つの果実が
夫婦のように寄り添って付くので「妹背(いもせ)」の名がつけられ
原木は京都市の平野神社にあるそうです。


○「妹背」とは夫婦とか、兄と妹、姉と弟のこと。




Posted on 2017/05/03 Wed. 10:10 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2017年・「やまが桜園」の桜たち…6 


カンザン1z



カンザン3z



カンザン2z



カンザン4z


2017年・「やまが桜園」の桜たち…6
カンザン(関山)
セキヤマ(関山)


八重(花弁数25~50枚)  大輪  濃紅紫色
東京の荒川堤に植えられていたもので
八重桜の代表とか里桜の代表的な栽培種ともいわれ
ソメイヨシノに次ぎ、街路樹や公園樹などとして広く植栽されています。
桜湯に使われる花はこの桜を塩漬けにしたもの。
名前の由来については分かりませんでした。




Posted on 2017/04/30 Sun. 10:39 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

2017年・「やまが桜園」の桜たち…5 


ハナソメイ17-1z



ハナソメイ17-2z



ハナソメイ17-3z



ハナソメイ17-4z


2017年・「やまが桜園」の桜たち…5
マツマエハナゾメイ(松前花染衣)
ハナゾメイ(花染衣)

八重(花弁数30~40枚) 大輪  淡紅色
北海道松前町桜見本園の浅利政俊氏が
ヒグラシ(日暮)とフクロクジュ(福禄寿)を交配させて作出した品種。
葉が展開した後に開花し、外側の花弁ほど色が濃く
花弁には細かいしわがあり、メシベは葉化しています。
花の中心を赤く染め抜くような感じの花を咲かせるということから
花見時の衣装である花染衣(はなぞめごろも)に因む名前だそうです。



 データなどは2010年5月投稿記事に加筆修正しました。



Posted on 2017/04/27 Thu. 10:03 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2017年・「やまが桜園」の桜たち…4 



フクロクジ17-1z



フクロクジ17-2z



フクロクジ17-3z



フクロクジ17-4z


2017年・「やまが桜園」の桜たち…4
フクロクジュ(福禄寿)
ヤエアケボノ(八重曙)


八重(花弁数15~20枚)  大輪  淡紅色
東京の荒川堤で栽培されていたオオシマザクラ系の里桜で香りがあり
明治時代に全国に広まった優美で美しい桜ということです。
花弁が大きくしわ状に波打ち
不規則にねじれるのがこの桜の特徴だそうです。
名前の由来については分かりませんでした。



 データなどは2012年4月投稿記事に加筆修正しました。



Posted on 2017/04/26 Wed. 10:00 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

2017年・「やまが桜園」の桜たち…3 


ベニトラノオ1z



ベニトラノオ2z



ベニトラノオ3z



ベニトラノオ4z


2017年・「やまが桜園」の桜たち…3
ヤエベニトラノオ(八重紅虎の尾)


八重(花弁数15~30枚)  大輪  淡紅色
外側の花弁の縁や外面がやや濃い色になる。
塊状に付く花と若葉の色のコントラストが美しく
古くから京都で栽培されていた品種だそうで
長く伸びた枝に密集して咲く様を虎の尾に見立てられました。



 データは2011年4月投稿記事に加筆修正しました。



Posted on 2017/04/25 Tue. 10:07 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

2017年・「やまが桜園」の桜たち…2 


ヤエベニシダレ1z



ヤエベニシダレ2z



ヤエベニシダレ3z



ヤエベニシダレ5z


2017年・「やまが桜園」の桜たち…2
ヤエベニシダレ(八重紅枝垂れ)
センダイシダレ(仙台枝垂れ)
センダイヤエシダレ(仙台八重枝垂れ)
など


八重  小輪  淡紅色
エドヒガンザクラ(江戸彼岸桜)の枝垂れ系の桜だそうで
小枝にも多くの花をつけ
花柄が長く、花は垂れ下がって咲きます。
江戸時代から栽培されていたものを
明治初期に仙台市長の遠藤さんがこの桜を殖やして各地に贈り
普及に努めたので「遠藤桜」とも呼ばれます。




 データなどは2010年3月投稿記事に加筆修正しました。



Posted on 2017/04/24 Mon. 10:31 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2018-02