ボケ(木瓜) 


ボケ1z



ボケ2z



ボケ3z



ボケ4z



ボケ5z


ボ ケ(木 瓜)

分類 : バラ科ボケ属  落葉低木
学名 : Chaenomeles speciosa
原産地 : 中国
  平安時代に渡来したとされ、園芸品種が多くあります。
特徴 : よく枝分かれし、樹高1~2m。
  小枝は刺状になります。
  葉は楕円又は長楕円で、縁はぎざぎざ(鋸歯)。
  葉が展開する前に2~3cmの花を咲かせます。
  果実は果柄がほとんどなく、長さ8~10cmのぼこぼこした楕円形で
  7~8月頃に黄色に熟れます。
名前の由来 : 果実が瓜に似て木になるので「木瓜(もけ)」が転じたとされたり
  「木瓜(ぼっくわ)」が転じたという説もあり 
  その由来についてははっきりしないという説もあります。

メモ=自生種にクサボケ(草木瓜)があり、国内で園芸化され
  その過程でボケとクサボケが交雑し
  その中間型と思われる品種も多いそうです。
  春咲きの代表的な園芸品種に「東洋錦」があり
  同じ株、同じ枝に紅、白、桃色が咲き分けます。
  他に、二季咲きの「長寿梅」や八重咲きの「昭和錦」などがあります。



スポンサーサイト

Posted on 2017/03/26 Sun. 10:47 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2017年・ご近所の桜たち…3 


シナミサクラ17-1z



シナミサクラ17-2z



シナミサクラ17-3z



シナミサクラ17-4z



シナミサクラ17-5z


2017年・ご近所の桜たち…3
シナミザクラ(支那実桜)
カラミザクラ(唐実桜) 
ダンチオウトウ(暖地桜桃)
 

一重  小輪  淡紅白色又は白色
オシベの長さがよく目立ちます。
カンヒザクラ(寒緋桜)と共に早春を飾るサクラの一つです。
実の大きさは1.5cmほどで、5月初旬頃に赤く熟れるサクランボ。
ソメイヨシノやヤマザクラなどにも実がなりますが実は小さく
食用にならないので、サクランボとはいいません。




Posted on 2017/03/24 Fri. 10:24 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2017年・ご近所の桜たち…2 


ミユキ1z



ミユキ2z



ミユキ3z



ミユキ4z


2017年・ご近所の桜たち…2
エレガンスみゆき


八重  中輪  濃紅色
アメリカ生まれの梅と桜の交配品種。
花付きがよく、晩秋から春まで次々に咲き続ける。


新しい品種の桜のようで、詳しいデータが見当たりませんでした。





Posted on 2017/03/23 Thu. 10:34 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

椿・夢の古里(ユメノフルサト) 


ユメノフルサト1z



ユメノフルサト2z



ユメノフルサト3z
撮影・久留米市石橋文化センター「つばき園」


椿・夢の古里(ユメノフルサト)


一重  キキョウ咲き  小輪(花径約4~6cm)  
淡桃色ぼかしに底白色
親不明の自然実生から生まれた品種。




Posted on 2017/03/18 Sat. 10:36 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

椿・古都の香(コトノカオリ) 


コトノカオリ1z



コトノカオリ2z



コトノカオリ3z



コトノカオリ4z
撮影・久留米市石橋文化センター「つばき園」


椿・古都の香(コトノカオリ)

一重  筒~ラッパ咲  極小輪(花径4cm未満)  
明紅色(図鑑によっては濃桃色)
匂い椿の一種  多花性



Posted on 2017/03/17 Fri. 10:38 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ジンチョウゲ(沈丁花) 


ジンチョウゲw17-4z



ジンチョウゲw17-3z



ジンチョウゲw17-2z

↑  3枚はシロバナジンチョウゲ(白花沈丁花)

↓  ジンチョウゲ(沈丁花)

ジンチョウゲ17z


ジンチョウゲ(沈丁花)

分類 : ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属  常緑低木
学名 : Daphne odora
     シロバナジンチョウゲは 
Daphne odora cv.Alba
原産地 : 中国南部
特徴 : 春を知らせる香りの強い花木。
  樹高1~1.5mほど。
  幹の基部から枝分かれし、形のいい球状の樹形になります。
  枝先に芳香のある花を10~20個密につけますが花弁はなく
  花弁のように見えるのは4つに裂けた萼(がく)です。
  この萼は、蕾(つぼみ)の時は赤紫色、開くと淡紅色又は白色で、大きさは1~1.5cm。
  雌雄異株で、日本で見られる花のほとんどが雄株ということです。

名前の由来 : 花の香りをジンコウ(沈香)とチョウジ(丁字)の香りにたとえたもの。
  
メモ=夏のクチナシ(梔子)、秋のキンモクセイ(金木犀)と並び称される芳香の木です。
  寒さにやや弱いため、東北地方南部以西で植えられているそうです。
  また、高温多湿の気候にも弱く、他の樹木に比べると寿命が短いそうです。
  強い剪定や移植を嫌いますが、挿し木で簡単に殖やせます。



 データなどは2014年3月投稿記事からの転載です。




Posted on 2017/03/16 Thu. 10:15 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

ギンヨウアカシア(銀葉あかしあ) 


ギンヨウアカシア1z



ギンヨウアカシア2z



ギンヨウアカシア3z



ギンヨウアカシア5z



ギンヨウアカシア6z


ギンヨウアカシア(銀葉あかしあ)
ハナアカシア(花アカシア) 
ミモザ 
ミモザアカシア

分類 : マメ科アカシア属  常緑小高木
学名 : Acacia baileyana
原産地 : オーストラリア南東部
特徴 : 葉は羽状複葉で、白い粉をかぶっているので銀緑色に見えます。
  葉の付け根に黄色の小さな花が集まって付き
  満開時は黄色のシャワーが降り注いでいるようで、きれいです。
  寒さには少し弱いところがあるようですが、成長が早いこともあり
  温暖な地方では庭木や街路樹などに利用されます。

名前の由来 : 葉っぱが銀緑色に見えるアカシアということから。
  アカシアは学名読み。ギリシア語で「鋭い刺」の意。

メモ=よく似た花を咲かせる仲間に、ギンヨウアカシアより大型の葉を持つ
  フサアカシア(総アカシア)があります。
  こちらは、羽状になっている小葉の数が30~40対と多いのが特徴です。
  ギンヨウアカシアは8~20対程度ですから見分けやすかもしれません。
  ミモザの名前で呼ばれることがありますが
  学名のミモザ(Mimosa pudica)はオジギソウ(お辞儀草)のことです。
  また、単にアカシアと呼ばれる白い花がありますが、それはハリエンジュ(針槐)のことで
  別名をニセアカシア(贋アカシア)ともいいます。



 データなどは2011年3月投稿記事に加筆修正しました。



Posted on 2017/03/15 Wed. 10:43 [edit]

CM: 0
TB: --

top △