fc2ブログ

トベラ(海桐花) 果実


トベラf1z


トベラff4z


トベラf2z


トベラf5z


トベラ(海桐花 又は 扉)果実
植栽樹

分類 : トベラ科トベラ属  常緑低木
学名 : Pittosporum tobira
 分布 : 本州(岩手県以西)~沖縄
 暖地の海岸周辺に自生
特徴 : 雌雄異株、樹高2~3m。
 公園や庭木などとして植栽されています。
 葉は枝の上部に密につき、長さ5~10cmの革質、楕円形で
 縁は外側に曲がる傾向があります。
 花は本年枝先に4~6月頃、芳香のある白い5弁花を咲かせ、花色は後に黄色に変化。
 果実は径1.5cmほどの球形で、淡黄色~灰褐色に熟れると3つに裂け
 朱色の粘った種子を出します。
 種子は不定形で、大きさは5~8mmほどです。

名前の由来 : 扉木(とびらぎ)からの転訛で、枝葉に臭気があることから
 除夜、或いは節分に戸口の扉にこの枝を挿して悪鬼を除ける風習があったことから。
 漢字表記の「海桐」は中国名で、材の色が桐(きり)に似ていることから。




テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

ヒイラギモチ(柊黐)果実


ヒイラギモチ22-1z


ヒイラギモチ22-2z


ヒイラギモチ22-3z


ヒイラギモチ22-4z


ヒイラギモチ(柊黐)果実
ヒイラギモドキ(柊擬き) 
ヤバネヒイラギモチ(矢羽根柊黐)
シナヒイラギ(支那柊)
チャイニーズホーリー

分布 : モチノキ科モチノキ属  常緑低木
学名 : Ilex cornuta
原産地 : 中国 朝鮮半島
特徴 : 樹高2~5m。

名前の由来 : モクセイ科のヒイラギ(柊)に葉が似ていることから。

常緑で赤い実が冬に目立つことから、古くから聖なる木とされ
実の付いた木はクリスマスの飾りとして用いられるようになったそうです。
西洋で用いられる木の多くはセイヨウヒイラギ(西洋柊=学名 Ilex aquifolium)の方で
こちらは日本の風土に合わないのか、あまり目にすることがなく
わが国では、ヒイラギモチの流通名をクリスマスホーリーとされていることが多いとか。
因みに、ホーリーとはモチノキ属の総称として使われ、スペルはHollyです。
一方、「聖しこの夜」で歌われる ♪ Silent night holy night の holy(ホーリー)と
モチノキのholly(ホリー)では、スペルの「L」が1字多いです。



データは2019年12月投稿記事からの抜粋で、加筆修正しました。




4月上旬に写していた花の画像を添えました。
ヒイラギモチ22fz


テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

サネカズラ(実葛) 果実



サネカズラ22-4z



サネカズラ22-3zz



サネカズラ22-2z



サネカズラ22-5z


サネカズラ(実葛) 果実
ビナンカズラ(美男葛)

分類 : マツブサ科サネカズラ属(モクレン科から分離) 常緑つる性樹木
学名 : Kadsura japonica
分布 : 本州(関東地方以西)~沖縄  
 山野、丘陵地帯の林の縁などに生える。
特徴 : 周囲の樹木などに絡まるようにして伸びます。
 葉は先が尖った楕円形の長さ5~13cm、幅2.5~6cmで
 表面は濃緑色で光沢があり、裏面はやや赤みを帯びます。
 8~9月に葉の腋から長い花柄を伸ばし
 
クリーム色をした径15mmほどの釣鐘形の花を付けますが
 葉陰に隠れるようにして咲いているので、あまり目立ちません。
 雌雄異株(しゆういしゅ)又は同株で、まれに両性花が付くこともあるそうです。
 秋から冬に赤く熟れた実(集合果約30mm)がよく目立つようになります。
 果実は雌花の花床(かしょう)が膨らみ、その周りに球状の集合果を作ります。
 集合果の大きさは2~3cmで、分果は5~8mmの球形です。

名前の由来 : 実が美しいという意味でサネカズラの名前が付いたといわれています。
 別名のビナンカズラは、若い茎には多くの粘液が含まれていて
 昔の人はこの液で髪を整えたことから。


データは2018年1月投稿記事に加筆修正しました。

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

ノブドウ(野蒲萄) 果実



ノブドウ22-1z



ノブドウ22-2z



ノブドウ22-3z



ノブドウ22-4z



ノブドウ
(野葡萄)果実

分類 : ブドウ科ノブドウ属  つる性落葉低木
学名 : Ampelopsis brevipedunculata var.heterophylla
分布 : 日本全土  
 山地や丘陵の林縁、野原などに普通に生える。

ノブドウの果実は赤紫色や青色などに変化していきますが
これはノブドウミタマバエという昆虫が寄生して
虫こぶ(=ノブドウミフクレフシ)を作ったもので
果実を割ると中に小さなウジ虫を見ることができるそうです。
正常な完熟果実は白色という図鑑がありました。



メモ
=ノブドウミタマバエと
 ノブドウミフクレフシの漢字表記はネット検索でも見当たりませんでした。
 


データなどは2018年11月投稿記事に加筆修正しました。


テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

ワタ(綿)果実と種子


果実が熟れて裂開したものをほぐしました。
ワタf5z


↓ この中に種子が1個入っています。
ワタf6z


↓ 綿毛にくるまれた中に卵形をした長さ1cmほどの種子が隠れています。
ワタf8z


ワタf7z


ワ タ(綿)果実と種子


円錐形の果実が熟れて裂開したものを取り出すと
ふわふわとして手触りのいい綿毛(繊維毛)に包まれた中に
1cm前後の卵形をした種子が隠れています。
種子は長い綿毛にしっかり守られています。

種子を守っている綿毛は加工されて木綿や布団、脱脂綿の原料となり 
繊維を採取したあとの種子からは食用油として
サラダ油の代用、マーガリンの原料として利用されるそうです。
なお、綿毛には白色の他、品種によって緑色や茶色もあるそうです。



ワタ(綿)のデータなどは前回投稿記事
を参照してください。



テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

ワタ(綿)果実


ワタf1z


ワタf2z


↓  一枝手折ってもらい、室内で写しました。
ワタf3z


ワタf4z


ワ タ(綿)果実

分類 : アオイ科ワタ属  1年草(多年草)
学名 : Gossypium spp. (Gossypium arboreum)
原産地 : インド 中南米など
  (栽培種の起源には謎が多いとか…)
特徴 : ワタの自生種は熱帯、亜熱帯に40~50種分布していて
 栽培品種には草丈50cmほどのものや120cmほどのものなど数種あるそうです。

 葉は掌状で浅く3~5裂します。
 小苞葉といわれるものは花弁の約半分で、上部は裂けています。
 花の大きさは3~5cm。朝開花し、数時間で閉じてしまいます。
 品種によって花弁の基部が暗紅色のものもあるようです。

 果実は蒴果(さくか)で
 開花後ひと月ほどすると長さ3~4cmの円錐形の実が3~4つに裂けて開き
 種子を覆う白い綿毛が現われます。
 種子は一つの部屋に5~8個入っています。
 この真っ白に吹き出している様が美しく
 「綿花(めんか」といい、ドライフラワーとして利用されます。

名前の由来 : 数説あるようで、その一つに、古くに「」のことを「わた」といい
 衣類の中に綿毛を詰めたことから大腸や小腸に見立て「ワタ」になったとあります。
 漢字表記の「綿」は漢名の「葉綿」からの転用とか。

メモ=果実の綿毛は加工されて木綿や布団の綿などの原料となり
 種子からは食用油が採れ、油粕は飼料や肥料になるそうです。
〇蒴果(さくか)とは、乾性の子房の発達した果実で
 熟すと縦に割れて種子を散布するもの。



※データなどは2016年10月投稿(花)記事を果実に合わせ、加筆修正しました。
 次回は果実をほぐした画像と種子の画像を投稿します。
 太字下線部をクリックすると花の記事が開きます。



テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

ショウキズイセン(鍾馗水仙)果実と種子


ショウキスイセンf1z
↑  蒴果といわれる果実です。


↓  蒴果が裂けてタネが出てきました。
ショウキスイセンs1z


ショウキスイセンs2z


ショウキスイセンs4z


ショウキズイセン
(鍾馗水仙)果実と種子
ショウキラン(鍾馗蘭)
リコリス・オーレア(学名読み)

分類 : ヒガンバナ科ヒガンバナ属  多年草
学名 : Lycoris traubii (Lycoris aurea)
分布 : 四国~九州南部~沖縄
 草地や林の縁などに生える。
特徴 : ヒガンバナやシロバナヒガンバナとよく似た性質です。
 秋に50~60cmの太い花茎を立て
 5~7つの花が輪生します。花径は6~7cm。

 花後に3角(かど)のある円柱形の径10mmほどの蒴果(さくか)が緑色に熟れ
 その後、果実が裂けると径7mmほどの光沢のある黒い球形の種子が出てきます。

名前の由来 : 花の波打つ様子を鍾馗(しょうき)の髭(ひげ)に例えて。
 鍾馗とは、中国に伝わる神様の名前で、疫病神を退け魔を除く神。
 端午の節句にこの鍾馗様を飾る風習があります。

メモ=蒴果(さくか)とは、乾性の子房の発達した果実で
 熟すと縦に割れて種子を散布するもの。
 又は、複数の子房が発達した果実が熟すと、タネを覆う果皮が裂けて
 タネが飛び散るもの。
 或は、熟れると下部が裂け、種子が散布される果実。



データは2021年9月投稿(花)記事を果実と種子に合わせて修正しました。
 下線部分をクリックすると花の記事が開きます。


テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード