フェイジョア 



フェイジョア18-1z



フェイジョア18-2z



フェイジョア18-3z



フェイジョア18-4z


フェイジョア(学名読み)
パイナップルグァバ 

分類 : フトモモ科アッカ(フェイジョア)属  常緑小低木
学名 : Acca sellowiana (=Feijoa sellowiana)
原産国 : 南米(ウルグアイ パラグアイ ブラジル南部)
特徴 : 手入れしないままだと樹高は5~6m。
  葉の長さ5~7cmの卵状楕円形、表面は光沢があり
  裏面は綿毛が密生して白く見える。
  花径は3~5cmで花弁は厚く、外側は白色、内側は紫紅色で内巻きに巻き込む。
  花弁より鮮紅色のオシベが目立つ花です。
  果実は秋に熟れ、果皮は緑色をした長さ5cm前後の球状の楕円形。
  果肉はパイナップルのような香りがあり、生食やジャムなどにするそうです。

名前の由来 : 英名の feijpa の音読みであり、別名の学名読みでもあります。
  学名のアッカは、古代ヘブライ語の「熱い砂」の意だそうで
  別学名のフェイジョアは、ポルトガルの博物学者フェイジョさんの名前から。
  別名のパイナップルグァバは、果実がパイナップルの香り、花がグァバに似ることから。



データは2012年6月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2018/06/06 Wed. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ダイオウグミ(大王茱萸) 



グミ18-1z



グミ18-3z



グミ18-4z

↑  花は3月下旬に写したものです。


↓  果実は最近写したものです。

グミf18-1z



グミf18-2z


ダイオウグミ(大王茱萸)
ビックリグミ(吃驚茱萸)

分類 : グミ科グミ属 落葉小高木
学名 : Elaeagnus multiflora cv.Gigantea
分布 : ナツグミの園芸品種で
  ナツグミは本州(関東地方~中部地方) 四国の山野に生える。
特徴 : 樹高2~4m。
  葉は楕円形~卵形楕円形で、長さ3~7cm。
  葉の表には鱗状の毛が密生し、葉裏は白色の鱗状毛に覆われるので銀白色に見えます。
  葉の腋から花柄を伸ばし4~5月に淡黄褐色の花が垂れ下がって咲きます。
  花には花弁はなく、4裂した萼筒といわれるものが平開します。
  花径は10mmほどです。芳香があります。
  5~6月に長さ25~30mmの長楕円形の果実が赤く熟れます。食べられます。
  因みに野生のナツグミの大きさは15mm前後ということです。

名前の由来 : 夏に実が生るグミということから。
  グミとは、果実を口に含み皮を出す意味の「含む実」が変化して「ぐみ」
  また、果実に渋みがあるので「えぐみ」から「ぐみ」になったという説がありました。

メモ=近似種にトウグミ(唐茱萸)があるそうで
  ナツグミとの違いは、葉表の斑点が星状のものはトウグミで
  鱗状のものはナツグミという解説がありました。
 ●ある図鑑によると、ダイオウグミはトウグミから選抜された変種、とあり
  またの図鑑にはナツグミの園芸品種とありました。
  投稿するにあたり、表葉の斑点を調べたら星状ではなく鱗状だったので
  ナツグミの園芸品種としました。



Posted on 2018/05/23 Wed. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

キウイフルーツ 



キウイf18-1z



キウイf18-2z
↑  2枚はメス花です。
実を生らすにはオス花の花粉が必要です。


キウイf18-3z



キウイf18-4z
↑  2枚はオス花です。雌株の横に雄株が植えられていました。



キウイf18-5z



キウイf18-6z
↑  2枚は両性花です。自家受粉します。
○いずれの花も新鮮な花の時期を外していました。


キウイフルーツ

キーウィフルーツ
オニマタタビ(鬼木天蓼)

分類 : マタタビ科マタタビ属  落葉つる性木本
学名 : Actinidia chinensis (=Actinidia deliciosa)
原産地 : 中国原産のシナサルナシ(支那猿梨)が
  ニュージーランドに入って改良された果樹。
特徴 : 長い蔓を伸ばし5~10mに成長する。
  葉の長さ10~15cmの卵円形。
  前年伸びた枝の中間あたりから出た新しい枝先に
  花径3~4cmの花が下向きに咲きます。
  普通はメス花とオス花が別々の木に咲く雌雄異株ですが
  両性花の咲く木があり、1本の木で結実する品種もあります。
  花後に、毛が密生した褐色の長楕円形(長さ8cm前後)の果実が生ります。

名前の由来 : ニュージーランドに生息する鳥のキウイ(Kiwi)がうずくまった姿に
  果実の外観が似ていることから。

メモ=品種は果肉の色が黄色や赤みを帯びるものなどがあるそうで
  最も普及しているのは「ヘイワード」という品種で
  緑色の果肉の爽やかな風味が特徴だそうです。
 ●両性花を咲かせるのは「ニューエメラルド」という品種だとか。



データなどは2014年5月投稿記事からの転載です。



Posted on 2018/05/13 Sun. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

カキノキ(柿木) 



カキm18-1z



カキm18-3z
↑  2枚はオス花

↓  3枚はメス花
カキw18-1z



カキw18-2z



カキw18-3z


カキノキ(柿木)

分類 : カキノキ科カキノキ属  落葉高木
学名 : Diospyros kaki
原産地 : 東アジアの温帯地域
  日本には中国から奈良時代に渡来。
  日本に自生するヤマガキは本州~四国・九州
特徴 : 樹高5~15m。
  葉は広い楕円形~卵状楕円形で、裏には褐色の毛が密生。
  (品種によって相違があります)
  1本の木にメス花とオス花が別々に咲く雌雄同株。
  (品種によっては雌雄異株もあるそうです)
  オス花もメス花も葉の腋(わき)に付き
  オス花は壺型の長さ1cmほどで、多数集まって咲きます。
  メス花は萼が大きく、長さ1.5cmほどで、一つずつ咲きます。
  果実は「柿=かき」と呼ばれます。

名前の由来 : 諸説あり、実がつやつやして輝いていることから「輝き=かかやき」 
  実の「赤い木=あかき」などが転じて「カキ」になったなどがありました。

メモ=栽培品種は100を超えるといわれていて
  その中でも「富有柿」や「次郎柿」「平核無(ひらたねなし)柿」などが有名です。
 ●日本から18世紀末にヨーロッパに伝わり、その後アメリカにも伝わったことから
  学名には「kaki」の名がついていて、外国での果実の呼び名も「KAKI=カキ」。



データなどは2015年5月投稿記事からの転載です。



Posted on 2018/05/07 Mon. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

シマダイダイ(縞橙) 



チキュウカン17-1z



チキュウカン17-2z



チキュウカン17-3z


シマダイダイ(縞橙 又は 縞代々)
チキュウカン(地球柑) 
フイリダイダイ(斑入り橙)

分類 : ミカン科ミカン属  常緑低木
学名 : Citrus aurantium 'Shimadaidai'
原産地 : インド
特徴 : 果実に緑色と黄色の縦縞模様の入るダイダイ(橙)の園芸品種で
  主に観賞用として流通しているようです。
  葉の一部にも白色の斑入りが見られます。
  果実は酸味と苦みが強く、生食には向かず
  皮はマーマレードに、果肉は食酢に利用されるそうです。

名前の由来 : 縞模様の入ったダイダイ(橙)ということから。
  別名のチキュウカンは、縦縞模様を地球儀に見立てたもの。

メモ=正月の鏡餅や注連飾りなどに使われる普通のダイダイは
  果実が三世代(3年間枝に付いたまま)同居することから「代々」といわれ
  代々家が栄える縁起のいい柑橘樹として庭に植えられます。
  また、冬にはオレンジ色に、翌年の夏には緑色に変わることから
  「回青橙(かいせいとう)」の別名があります。



データなどは2011年12月投稿記事に加筆修正しました。



Posted on 2017/12/24 Sun. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

クリ(栗) 


クリ17-1z



クリ17-2z
花穂の基部(左)に一つあるのがメス花、あとはオス花です。


クリm17-2z
オス花です。


クリw17-2z
メス花です。


ク リ (栗)
栽培品種

分類 : ブナ科クリ属  落葉高木
学名 : Castanea crenata
分布 : 北海道南西部~九州~屋久島  
  山地に生える。
特徴 : 樹高15~20m。
  葉は互生して長さ7~15cmの長楕円形で
  縁には針状のぎざぎざ(鋸歯)があります。
  オス花とメス花は別々です。
  オス花は長さ10~15cmの花穂が斜めに立ち上がり
  オシベの長さ4~5mmの小さな花を多数咲かせます。
  メス花は花穂の基部に付きます。
  メス花は緑色の総苞といわれるものの中に3個入っているそうです。
  受精が終わると緑色をした細い葉のような集まりが発達して刺(とげ)となり
  イガ(殻斗=かくと)になり、秋に熟れます。

名前の由来 : 諸説ある中のひとつに「黒実」が転訛したものというのがありました。

メモ=栽培品種は約200種あるといわれています。
  その中で「筑波(つくば)」は甘味があって量産性もあることから
  最も一般的な品種といわれています。



 データなどは2013年6月投稿記事からの転載です。



Posted on 2017/06/16 Fri. 10:20 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

スモモ(李) 


プラム1z



プラム2z
↑ 2枚は同じ木の花です。 


プラム4z



プラム3z
↑ 2枚は同じ木の花です。


プラム5z



プラム6z
↑ 2枚は同じ木の花です。
3種の木がスモモ(プラム)なのか西洋スモモ(プルーン)なのかは分かりませんでした。


スモモ(李  又は  酸桃)
 プラム
プルーン 


分類 : バラ科サクラ属  落葉小高木
学名 : Prunus salicina
原産地 : 中国 又は ヨ-ロッパ
特徴 : 古くに中国から渡来した果樹。
  よく枝分かれし、枝は横に広がります。
  葉の腋(わき)に直径1.5~2cmの花が1~3個咲きます。
  果実は球形で、赤紫色又は黄色に熟し
  表面に毛がないところがモモ(桃)と異なります。
  なお、ヨーロッパ原産のスモモは西洋スモモとかヨーロッパスモモ
  (学名 : Prunus domestica)
  又はプルーンとも呼ばれ、果実の色は暗赤紫色をしたものや青紫色などがあるようです。
 
名前の由来 : 酸(す)っぱい桃という意だそうです。
  漢字表記の「李」は漢名を当てたもの。

メモ=果樹として本格的に栽培されるようになったのは大正時代で
  日本のスモモがアメリカに渡り、品種改良され
  「サンタローザ」「ソルダム」などの名前で帰ってきてからだそうです。
  今では「大石早生」の他、多くの改良品種が生まれています。
 ・スモモを英語でいうとplum=プラム、フランス語ではprune=プルーン(英語発音)になりますが
  プルーンと呼ぶときは西洋スモモを指すことが多いようです。



 データなどは2012年4月投稿記事に加筆修正しました。



Posted on 2017/04/08 Sat. 10:39 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2018-06