クリ(栗) 


クリ17-1z



クリ17-2z
花穂の基部(左)に一つあるのがメス花、あとはオス花です。


クリm17-2z
オス花です。


クリw17-2z
メス花です。


ク リ (栗)
栽培品種

分類 : ブナ科クリ属  落葉高木
学名 : Castanea crenata
分布 : 北海道南西部~九州~屋久島  
  山地に生える。
特徴 : 樹高15~20m。
  葉は互生して長さ7~15cmの長楕円形で
  縁には針状のぎざぎざ(鋸歯)があります。
  オス花とメス花は別々です。
  オス花は長さ10~15cmの花穂が斜めに立ち上がり
  オシベの長さ4~5mmの小さな花を多数咲かせます。
  メス花は花穂の基部に付きます。
  メス花は緑色の総苞といわれるものの中に3個入っているそうです。
  受精が終わると緑色をした細い葉のような集まりが発達して刺(とげ)となり
  イガ(殻斗=かくと)になり、秋に熟れます。

名前の由来 : 諸説ある中のひとつに「黒実」が転訛したものというのがありました。

メモ=栽培品種は約200種あるといわれています。
  その中で「筑波(つくば)」は甘味があって量産性もあることから
  最も一般的な品種といわれています。



 データなどは2013年6月投稿記事からの転載です。



スポンサーサイト

Posted on 2017/06/16 Fri. 10:20 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

スモモ(李) 


プラム1z



プラム2z
↑ 2枚は同じ木の花です。 


プラム4z



プラム3z
↑ 2枚は同じ木の花です。


プラム5z



プラム6z
↑ 2枚は同じ木の花です。
3種の木がスモモ(プラム)なのか西洋スモモ(プルーン)なのかは分かりませんでした。


スモモ(李  又は  酸桃)
 プラム
プルーン 


分類 : バラ科サクラ属  落葉小高木
学名 : Prunus salicina
原産地 : 中国 又は ヨ-ロッパ
特徴 : 古くに中国から渡来した果樹。
  よく枝分かれし、枝は横に広がります。
  葉の腋(わき)に直径1.5~2cmの花が1~3個咲きます。
  果実は球形で、赤紫色又は黄色に熟し
  表面に毛がないところがモモ(桃)と異なります。
  なお、ヨーロッパ原産のスモモは西洋スモモとかヨーロッパスモモ
  (学名 : Prunus domestica)
  又はプルーンとも呼ばれ、果実の色は暗赤紫色をしたものや青紫色などがあるようです。
 
名前の由来 : 酸(す)っぱい桃という意だそうです。
  漢字表記の「李」は漢名を当てたもの。

メモ=果樹として本格的に栽培されるようになったのは大正時代で
  日本のスモモがアメリカに渡り、品種改良され
  「サンタローザ」「ソルダム」などの名前で帰ってきてからだそうです。
  今では「大石早生」の他、多くの改良品種が生まれています。
 ・スモモを英語でいうとplum=プラム、フランス語ではprune=プルーン(英語発音)になりますが
  プルーンと呼ぶときは西洋スモモを指すことが多いようです。



 データなどは2012年4月投稿記事に加筆修正しました。



Posted on 2017/04/08 Sat. 10:39 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ベニバスモモ(紅葉李) 


ベニスモモ1z



ベニスモモ2z



ベニスモモ3z



ベニスモモ4z


ベニバスモモ(紅葉李)
ベニスモモ(紅李)
アカバザクラ(赤葉桜)

分類 : バラ科サクラ属  落葉小高木
学名 : Prunus cerasifera var.atropurpurea
原産地 : 中央アジア・コーカサス地方
特徴 : コーカサス地方原種のミロバランスモモの変種
  又はミロバランスモモと野生スモモとの交雑種とありました。
  樹高は2~4m。
  葉は紅紫色の長さ5cmほどの楕円又は長楕円形で先は尖り、縁はぎざぎざ。
  花は葉の展開とほぼ同時に開花し、花径は約2cm。 
  萼(がく)は紅紫色をしていて反り返ります。
  花後6月下旬~7月に球形のピンポン玉より少し小さめの果実が赤く熟れ
  食べられるけど、酸っぱいそうです。

前の由来 : 葉っぱが紅色をしたスモモの仲間ということから。

メモ=葉の芽出しから落葉まで紅紫色をしていることから
  カラーリーフツリーとしても楽しめる樹木ということです。
  果実は、自家受粉するのが弱いため1本では結実しにくいそうです。



Posted on 2017/03/29 Wed. 10:34 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

キンカン(金柑) 


キンカンf3z



キンカンf2z



キンカンf1z
花は8月初旬撮影です。


キンカンj1z



キンカンj3z


キンカン(金柑 又は 金橘)
マルキンカン(丸金柑)

分類 : ミカン科キンカン属  常緑低木
学名 : Fortunella japonica
原産地 : 中国南部
特徴 : 樹高1~2m。
  葉は革質の長楕円形、長さ4~8cm。
  花は白色の5弁花で、他のミカン科の花同様いい匂いがします。
  果実は径2~3cmの球形で黄橙色に熟れます。
  花と果実は春、夏、秋3回開花し結実します。
  果皮には甘みがあるのでそのまま食べたり
  果実は丸ごと砂糖漬けなどにされます。

名前の由来 : 熟した果実が金色の柑橘(かんきつ)ということで
  そのままの漢名「金柑・金橘」の音読みだそうです。

メモ=変種にナガキンカン(長金柑)というのがあり
  名前の通り、葉は7~10cm、果実も長球形をしているそうです。



Posted on 2017/01/14 Sat. 10:11 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

ブルーベリー 


ブルーベリー1z



ブルーベリー2z



ブルーベリー4z

↑  3枚は4月中旬に咲いた花です。


↓  3枚は7月中旬から熟れ始めた果実です。
完熟すると黒藍色になり、収穫できます。

ブルーベリーf1z



ブルーベリーf3z



ブルーベリーf4z


ブルーベリー
ヌマスノキ(沼酢の木)

類 : ツツジ科スノキ属  落葉低木
学名 : Vaccinium spp
原産地 : 北アメリカ東北部
  主に沼沢地や草原に生える。
特徴 : 樹高1~3m。
  葉は卵状楕円形又は楕円形の長さ3~8cm。
  葉の腋(わき)から柄のある小さな壺形の花を多数下垂させます。
  花の長さは5~12mmほどで、先は浅く5つに裂け、反り返ります。
  8~9月に球形の果実が黒藍色に熟します。

名前の由来 : 英名のBlue berry(ブルーベリー)です。
  果実が青色(ブルー)をして、小さな果実(ベリー)であることから。

メモ=栽培されている園芸品種は
  おおよそ4系統種の交配により作出されたものだそうで
  日本で栽培されているものは100種を超えるといわれています。
 ・スノキ(酢の木)は関東地方から中部地方の太平洋岸に分布する
  固有種だそうです。



Posted on 2016/08/25 Thu. 10:24 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ブルーベリー 


ブルーベリーg1z



ブルーベリーg2z



ブルーベリーp2z



ブルーベリーp4z


ブルーベリー
ヌマスノキ(沼酢の木)

分類 : ツツジ科スノキ属  落葉低木
学名 : Vaccinium spp.
原産地 : 北アメリカ東北部
特徴 : 樹高1~3m。
  葉は長さ3~8cmの卵状楕円形又は楕円形。
  花は長さ12mm前後の釣鐘型で先端は浅く5裂し、反り返る。
  果実は紺色~藍黒色の球形(径15mmほど)で、7~8月頃に熟れる。
  栽培品種が多くあるそうです。

名前の由来 : 英名 Blueberry の日本語読み。
  和名は、原産地では沼沢地などに多く見られ
  自生種のスノキ(酢の木)の仲間のことから。

メモ=果実をよく実らせるには品種の異なる2本の木を植えるとよいそうです。
 ・果実に含まれるアントシアニンが眼の疲れなどに効用があるといわれますが
  その効果には疑問があるそうです。




● 昨夜9時26分頃、当地で大きな揺れが30秒ほど続きました。
 震源地は熊本県熊本市周辺だったそうで、当地は震度4ということでした。
 その後、強かったり弱かったりの余震が続きました。
 当地は震源地から離れていていたこともあり、被害はありませんでした。




Posted on 2016/04/15 Fri. 10:31 [edit]

CM: 5
TB: --

top △

シナミザクラ(支那実桜) 


シナミサクラ2z



シナミサクラ3z



シナミサクラ4z



シナミサクラ5z


シナミザクラ(支那実桜)
カラミザクラ(唐実桜) 
ダンチオウトウ(暖地桜桃)

分類 : バラ科サクラ属  落葉高木
学名 : Prunus pseudocerasus
原産地 : 中国
特徴 : 樹高は10mほど。
  花は一重の淡紅色又は白色。
  花径は2cmほどで、オシベが長いのが特徴。
  カンヒザクラ(寒緋桜)とともに早春を飾るサクラの一種です。
  5月初旬頃に1.5cmほどのサクランボが熟れます。
  甘くて美味しいです。
名前の由来 : 中国(=支那)原産のサクラということから。
  ダンチオウトウとは、暖い地方でサクランボ(=桜桃)が生ることから。

メモ=中国原産の野生種と日本の野生種ヤマザクラ、オオシマザクラなどとの交配により
  野生種や園芸品種が生まれているそうです。
  写真の花が野生種の植栽か園芸品種かは分かりません。
  また、 山形県を中心として生産される「佐藤錦」などのサクランボは
  ヨーロッパや北西アジアなどに自生するセイヨウミザクラ(西洋実桜)の改良種だそうです。


 データなどは2014年3月投稿記事に加筆修正しました。



Posted on 2016/03/12 Sat. 10:42 [edit]

CM: 2
TB: --

top △