トクサ(木賊) 


トクサ1z



トクサ2z



トクサ3z



トクサ4z


トクサ(木賊 又は 砥草)
栽培種

分類 : トクサ科トクサ属  常緑シダ(羊歯)植物
学名 : Equisetum hyemale
分布 : 本州(中部地方以北)~北海道
  陽当たりのいい渓流沿いなどの湿地。
特徴 : スギナの仲間で、地下茎から伸びた地上茎は直立し
  草丈は60~100cmほど。
  茎の表面に30本ほどの縦溝が走り、径5~7mmで中空。
  3~4cmごとに節があり、退化した黒い葉が鞘状に輪生します。
  茎先に長楕円形の胞子嚢穂(ほうしのうすい)をつけます。

名前の由来 : 紙やすり代わりに使用したことから「砥ぐ草」の意で
  「木賊」は漢名の当て字。

メモ=茎にはケイ酸を含み、表面には縦溝があり、ざらつくので
  かつては工芸品の研磨剤として用いられていたそうです。
  今でも高級ツゲ櫛(くし)や漆器の木加工などに使われているそうです。
  また、観賞用として植えられたり、生け花の素材として用いられているとか。



スポンサーサイト

Posted on 2018/06/15 Fri. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

イヌカタヒバ(犬片檜葉) 



イヌカタヒバ2z



イヌカタヒバ3z

↑  2枚は紅葉しかかった11月中旬撮影です。


イヌカタヒバ5z



イヌカタヒバ4z



イヌカタヒバ1z


イヌカタヒバ(犬片檜葉)

分類 : イワヒバ科イワヒバ属  多年生シダ(羊歯)
学名 : Selaginella moellendorffii
分布 : 琉球列島の石垣島、西表島などの林下や湿った岩に生えるが
  山野草としての栽培から逸出し
  九州などの各地に分布を広げているそうです。

名前の由来 : カタヒバに似ているけど別のシダということから。



先に投稿したシノブ(忍)同様、このシダ(羊歯)の紅葉に目が留まりました。
 詳しいデータなどは緑色の葉の季節に書くことにします。




Posted on 2017/12/02 Sat. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

シノブ(忍)の紅葉 



シノブc2z



シノブc1z



シノブc3z



シノブc4z


シノブ(忍)の紅葉

分類 : シノブ科シノブ属  多年生シダ(羊歯)
学名 : Davallia mariesii
分布 : 日本全土
  樹木や岩上に太い茎を伸ばして生育する着生植物。

名前の由来 : 土がなくても堪え忍び生育することから。


今回はシノブの紅葉に目が止まり写したので
 詳しいデータなどは緑色した葉の季節に書くことにします。




Posted on 2017/11/22 Wed. 10:00 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

フユノハナワラビ(冬の花蕨) 



ハナワラビ1z



ハナワラビ2z



ハナワラビ3z



ハナワラビ4z


フユノハナワラビ(冬の花蕨)
ハナワラビ(花蕨)  
フユワラビ(冬蕨)
カンワラビ(寒蕨)


分類 : ハナヤスリ科ハナワラビ属   多年草=羊歯(しだ)植物
学名 : Botrychium ternatum (=Sceptridium ternatum)
分布 : 本州~四国・九州 (北海道~九州という図鑑もあります) 
  日当たりのいい山野の草地に生える。
特徴 : 草丈10~30cm。
  栄養葉(地表近くに生える葉)は晩夏から初秋に出て
  長さ5~10cm、幅8~12cmで、3~4回羽状に深く裂けます。
  後に胞子葉が直立し、黄色い胞子嚢(ほうしのう)を密生させ
  顆粒(かりゅう)状の胞子が晩秋~初冬に成熟します。

名前の由来 : 冬に胞子葉をもたげ、花のように見える姿をワラビ(蕨)に見立てた。
  因みにワラビは、ユバノイシカグマ科のシダ植物です。

メモ=羊歯植物の多くは、葉の表で光合成を行い
  葉裏で生殖活動を行うのが普通とされています。
  しかし、このフユノハナワラビは栄養葉といわれるものと 胞子葉とが別々にあり
  こうした葉の構造は他のシダ植物と異なるそうです。
  このような生長の様が愛好家に好かれ、鉢植えなどで楽しまれているようです。



データなどは2013年11月投稿記事に加筆修正しました。




Posted on 2017/11/21 Tue. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ギンゴケ(銀苔) 


ギンゴケ1z



ギンゴケ2z

↑  昨日のヤマブキと同じ日の朝に撮りました。

↓  水滴が乾いた翌日に撮りました。

ギンゴケ3z



ギンゴケ4z



ギンゴケ5z


ギンゴケ(銀蘚)

分類 : ハリガネゴケ科ハリガネゴケ属
学名 : Bryum argenteum
分布 : 日本全土
  いたる所の土の上、石垣やコンクリートの隙間などにぎっしりかたまって生える。
特徴 : 茎の長さは5~10mmほどで、葉は重なり合い
  全体的には丸い組みひものように見えるということです。
  若いときは緑色をしていて、古くなったり乾いたりすると
  灰緑色から白緑色に変化します。
  10mmほどの柄の先に卵形の胞子体⦅=蒴(さく)⦆が付きます。
  蒴が熟すと先端が裂けて胞子が出ます。

名前の由来 : 茎が銀白色に見えるから。

メモ=コケ類の多くは地表などを這うようにして生え
  どれも同じように見えるので名前を調べるのが難しく
  このコケの同定が確かなものか自信がありません。
  間違っていたらご指摘ご指導のほどよろしくお願いします。
 
・「蒴(さく)」とは蘚(こけ)類の胞子のう(胞子を包む器官)のこと。



Posted on 2017/04/19 Wed. 10:25 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ツクシ(土筆) 


ツクシ1z



ツクシ2z



ツクシ3z
ツクシ(左)とスギナ(右)


ツクシ4z


スギナ(杉菜)
ツクシ(土筆

分類 : トクサ科トクサ属  多年草
学名 : Equisetum arvense
分布 : 北海道~九州 温暖地帯以北に広く分布
  畑、空き地、道端、日当たりのいい湿地などに群生。
特徴 : シダ(羊歯)の仲間で、地下茎は長く、浅く地中を這って広がります。
  地下茎の節から春に10~30cmの胞子茎(=ツクシ)を立て
  その後に20~40cmに伸びる緑色の栄養茎(=スギナ)が出ます。
  胞子茎(=ツクシ)は淡褐色で、頂部に胞子嚢(ほうしのう)穂が付き
  食用になります。

名前の由来 : スギナは、葉の姿が杉に似ていることから…など。
  ツクシは、港に入る通路を示した杭=澪標(みおつくし)の「つくし」で
  付き立った杭のように見えるからという説などがあります。
  漢字表記の「土筆」は土に刺した筆のような姿から。

メモ=生える場所の養分が乏しいとツクシが多く
  養分が豊富だとスギナばかりになるそうです。
 ・童謡を調べました。
  ♪①つくし だれのこ すぎなのこ ②つくし はるです あそぼうよ

  ♪ぽかぽかと あったかい日に つくしのぼうやは 目がさめた
   つくしだれのこ すぎなのこ 土手の土そっとあげ 
   つくしのぼうやが のぞいたら そとはそよ風 春の風



Posted on 2017/03/28 Tue. 10:19 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ノミハニワゴケ(鑿葉庭蘚) 


ハニワゴケ6z



ハニワゴケ2z



ハニワゴケ3z



ハニワゴケ4z


ノミハニワゴケ(鑿葉庭蘚 又は 蚤埴輪蘚)


分類 : シノブゴケ科コバノキヌゴケ属
学名 : Haplocladium angustifolium
分布 : 本州~四国・九州
  低地の腐った木の上や地上に生える。
特徴 : 茎は多数出て這い
  長さ3~4mmの枝を羽状に分けてからまり合い、マット状になります。
  葉は卵形で、先端は長く尖るそうですが
  あまりにも小さいので年寄りの肉眼では確かめられません。
  胞子体には長さ15~25mmの柄が出て
  先端に蒴(さく)といわれるものが横向きにつきます。
  早春を飾るコケの一種だそうです。

名前の由来 : 分かりませんでした。

メモ=手元の図鑑の漢字表記は「鑿葉庭蘚」でしたが
  ネット図鑑では「蚤埴輪蘚」だけでした。
  似たコケにコメバキヌゴケ(米葉絹蘚)というのがありました。
  その違いについてはよく分かりませんでした。
 ・「蒴(さく)」とは蘚(こけ)類の胞子のう(胞子を包む器官)のこと。



Posted on 2016/03/23 Wed. 10:41 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

2018-07