ネジバナ(捩花) 



ネジバナ18-1z



ネジバナ18-3z



ネジバナ18-4z



ネジバナ18-5z


ネジバナ(捩花)
モジズリ(捩摺)

栽培種

分類 : ラン科ネジバナ属  多年草
学名 : Spiranthes sinensis var.amoena
分布 : 北海道~四国・九州 
  日当たりのいい草地、田の畦、ゴルフ場の芝生などに生える。
特徴 : 根元から広い線形で先の尖った葉が数枚出て
  その間から長さ15~30cmほどの花茎が伸び
  捩(ねじ)じれた花穂に横向きに花を咲かせます。
  花の大きさは5~7mmで、下側の唇弁は白色で縁にぎざぎざがあります。

名前の由来 : 花が捩(ねじ)れたように咲くことから。
  別名のモジズリ(捩摺)は、捩れた模様を絹織物に摺(す)り付けたもので
  その模様に例えて。

メモ=ラン科の仲間では身近なところで普通に見られる野草です。
  花茎の捩れは右巻き、左巻き、全く捩れないものなど
  個体によってまちまちです。
  また、花色も色の濃いもの薄いもの、白い花を咲かせるものもあり
  秋に開花するアキモジズリ(秋捩摺)もあるそうです。



データなどは2017年7月投稿記事からの転載です。




・梅雨明け後の薄曇りの日を見計らい、花撮り徘徊に出かけたところ
 薄曇りとは名ばかりで、10分も歩いたら汗びっしょりになりました。
 いつもなら国立病院周辺をひと回りして帰宅するのですが
 齢80の老体にはこの暑さは堪え、40分ほどで引き返しました。
 そういうことで、これから暫くは撮り貯めた写真などを交えて投稿していきます。
 時期を過ぎた花などもありますが、お付き合い下さると有難いです。


スポンサーサイト

Posted on 2018/07/15 Sun. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

コウホネ(河骨) 



コウホネ1z



コウホネ3z



コウホネ4z



コウホネ2z


コウホネ(河骨)

分類 : スイレン科コウホネ属  多年草
学名 : Nuphar japonicum
分布 : 北海道~四国・九州
  池や沼、小川などの浅い場所に生える
特徴 : 根は水底の泥の中を這い、白色の地下根茎は肥大。
  水中に生える沈水葉と水上に生える水上葉があり
  水上葉は水面より高く伸び、長卵形で光沢があり、基部は矢じりのような形になり
  長さ20~30cm、幅7~12cm。
  水中から伸びた花柄の先に径4~5cmの黄色の花を一つ咲かせます。
  花弁ののように見えるのは萼だそうで、花後は緑色に変わり、水中に没するそうです。

名前の由来 : 水中(=河)に生え、根茎が白骨に見えることから。

メモ=近似種にオグラコウホネ(巨椋河骨)があり
  こちらは水面に浮く葉だけで、葉の長さ5~10cm、幅4~6cm
  花径3~4cmと小さいそうで
  環境省の絶滅危惧Ⅱ類(NT)に指定されています。
  他に、北海道~本州(東北地方)に見られる
  ネムロコウホネ(根室河骨)やオゼコウホネ(尾瀬河骨)があるそうです。



Posted on 2018/07/13 Fri. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ヤブカンゾウ(薮萱草) 



ヤブカンゾウ18-1z



ヤブカンゾウ18-2z



ヤブカンゾウ18-4z



ヤブカンゾウ18-3z


ヤブカンゾウ(薮萱草)
栽培種

分類 : ユリ科ワスレグサ属  多年草
学名 : Hemerocallis fulva var. kwanso
分布 : 北海道~四国・九州 
     田の土手、野原や林の縁などに生える。
特徴 : 葉は広めの線形で長さ40~60cm、幅2~4cm。
  直立した花茎は長さ60~100cmになり
  その先に直径8cmほどの花が数個付きます。
  オシベとメシベの一部、又は全部が花弁化して八重になり
  その状態は個体によって様々です。
  朝開いて夕方には萎(しぼ)んでしまう1日花です。

名前の由来 : 薮(やぶ)に生えるカンゾウということで。

メモ=有史以前に中国から渡来し、各地に広がったものといわれています。
  ワスレグサ属にはユウスゲ、ニッコウキズゲ、ノカンゾウなどがあり
  いずれも一重の花で、1日花です。



データなどは2013年7月投稿記事からの転載です。



Posted on 2018/07/10 Tue. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ムラサキカタバミ(紫酢漿草) 



ムラサキカタバミ1z



ムラサキカタバミ2z



ムラサキカタバミ3z



ムラサキカタバミ4z


ムラサキカタバミ(紫酢漿草 又は 紫傍食)

分類 : カタバミ科カタバミ属  多年草
学名 : Oxalis corymbosa
原産地 : 南アメリカの亜熱帯を中心に分布
特徴 : 江戸時代末期に観賞用として持ち込まれたものが
  関東地方以西の野原、空き地、道端などで野草化。
  根元にかたまってついた多数の小さな鱗茎(りんけい)によって殖える。
  葉は根元から出て3小葉からなり、小葉の幅は2~5cm。
  10~20cmに伸びた花茎の先に10個ほどの花を咲かせます。
  茎先につく花は淡紅色で、濃い色の筋が入り、中心部は淡黄緑色です。
  花の大きさは2cmほど。

名前の由来 : 花色が紫のカタバミということから。





Posted on 2018/06/04 Mon. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ニワゼキショウ(庭石菖) 



ニワセキショウ18-5z



ニワセキショウ18-4z



ニワセキショウ18-22z



ニワセキショウ18-2z



ニワセキショウ18-3z


ニワゼキショウ(庭石菖)

分類 : アヤメ科ニワゼキショウ属  多年草 
学名 : Sisyrinchium atlanticum
原産地 : 北アメリカ東部
特徴 : 日当たりのいい芝生、道端、空き地などに群生する帰化植物。
  草丈10~20cm。
  葉は根元から出て先が尖る線形。
  茎の先に細い花柄を出して花を咲かせる。
  花は1日で萎(しぼ)みますが、次々に花茎を出して咲き続けます。
  花の大きさは1.5cm前後。
  花色は白、赤紫があり、淡青色はオオニワゼキショウだそうです。

名前の由来 : 庭によく生え、葉がサトイモ科のセキショウ(石菖)に似ていることから。

メモ=日本に入って来たのは明治時代だそうで
  図鑑によって記載のされ方が違い、一つには観賞用として導入されたとあり
  研究用として植物園に植えられていたものが逃げ出して野草化したものともありました。



データなどは2012年5月投稿記事からの転載です。



Posted on 2018/05/25 Fri. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ノビル(野蒜) 



ノビル1z



ノビル2z



ノビル3z



ノビル4z



ノビル5z
花茎についたまま珠芽から芽を出しているものがありました。


ノビル
(野蒜)

分類 : ユリ科ネギ属  多年草
学名 : Allium grayi
分布 : 日本全土
  陽当たりのいい人里近くの畑の土手などに。
特徴 : 代表的な山菜の一つ。
  葉は細長い線形で長さ20~30cm、断面は三日月形の中空です。
  花茎は直立して葉より長く伸び、40~60cm。
  その先に珠芽(しゅが=むかご)だけを形成するものと
  珠芽と花を一緒につけるものがあります。
  どちらかといえば珠芽だけをつけるものが多く
  花を見つける機会は少ないです。
  15mmほどの花柄の先に白又は薄紅紫色をした花をまばらにつけます。
  花径は10mmほど。

名前の由来 : 「蒜(ひる)」はニンニクの古名とも、ネギ(葱)類の総称ともいわれ
  野に生える「蒜」という意から。

メモ=地中に15mmほどの白い球形の鱗茎(りんけい)があり
  細長い葉と共に食用にします。
  鱗茎は生のまま酢味噌を付けて食べたり
  若い葉は鱗茎と共に茹でて、和え物などにして食べます。
  代表的な春の山菜です。




Posted on 2018/05/21 Mon. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ハルジオン(春紫苑) 


ハルジオン18-1z



ハルジオン18-2z



ハルジオン18-3z



ハルジオン18-4z


ハルジオン(春紫苑)

分類 : キク科ムカシヨモギ属  多年草
学名 : Erigeron philadelphicus
原産地 : 北アメリカ
特徴 : 草丈30~80cm。
  茎を輪切りにするとストロー状の中空。
  葉には柄がなく茎を抱いています。
  (類似種のヒメジョオンは茎から直接葉が出ます)
  蕾のときは花の柄が垂れてうつむいています。
  (類似種のヒメジョンの多くはうつむかない)
  花色は白、ピンク、薄紫など変化があり
  花弁の幅は1mm以下で細く、150~400個あり、大きさは25mm前後。
  開花期は4~5月。

名前の由来 : 春に咲くシオン(紫苑)ということで。

メモ=観賞用として大正時代に導入されたものが
  戦後になって都市周辺を中心にして広がり
  今では沖縄を除く全国で分布域を広げているとのことです。
  当地ではヒメジョオンの勢力が強く、ハルジオンは一部の地域でしか見られません。
 ・ハルジオン(春紫苑)とヒメジョオン(姫女苑)はよく似た花ですが
  ヒメジョオンはハルジオンが咲き終わった頃から咲き始めます。



データなどは2012年4月投稿記事に加筆修正しました。




ハルジオン18-6z
ハルジオンの葉です。茎を抱いています。
ヒメジョオン(姫女苑)との判別の参考になれば幸いです。



Posted on 2018/05/06 Sun. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2018-07