クモヘリカメムシ(蜘蛛縁亀虫) 



クモヘリカメ1z



クモヘリカメ2z



クモヘリカメ3z



クモヘリカメ4z


クモヘリカメムシ(蜘蛛縁亀虫 又は 蜘蛛縁椿象)

分類 : カメムシ(半翅)目ホソヘリカメムシ科
体長 : 15~17mm
分布 : 本州(宮城県南部以西)~沖縄
  日当たりのいいイネ科の植物が生える場所。
特徴 : 5~10月に出現。
  アメンボのような細い体をしたカメムシで、体は緑色、翅は茶色。
  主にイネ科の穂に見られ
  エノコログサ、チカラシバ、イネなどの穂にある籾(もみ)に口針を刺して汁を吸う。
  触るとカメムシ特有の臭気を発するそうですが、臭いを嗅いだことはまだありません。

名前の由来 : クモのような足をして
  縁(へり)のような長細い体のカメムシということから。




データなどは2012年9月投稿記事に加筆修正しました。




スポンサーサイト

Posted on 2017/09/22 Fri. 10:00 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

アオバハゴロモ(青翅羽衣) 


アオバハゴロモ1z



アオバハゴロモ2z



アオバハゴロモ4z



アオバハゴロモy1z
白い綿状の分泌物に覆われている幼虫です。


アオバハゴロモ(青翅羽衣)

分類 : カメムシ(半翅)目アオバハゴロモ科
体長 : 6mm前後  翅先まで10mm前後
分布 : 本州~沖縄
  低山地等の照葉樹林などで普通に見られます。
特徴 : セミに近い仲間。
  全体が青緑色で翅の縁が淡紅色をして
  前翅は閉じ、横から見ると三角形状。
  成虫、幼虫とも集団でいることが多い。
  幼虫は白い綿状の分泌物に覆われています。
  成虫、幼虫とも近くに寄るとピョ~ンと跳ねて飛び去ります。
  食性は幅広く、クワ、チヤなどのほか
  果樹などの汁を吸うので害虫扱いされます。

名前の由来 : 「ハゴロモ」には鳥や虫の「はね」という意味があるそうで
  青緑色をしたきれいな前翅が由来ということです。



Posted on 2017/07/14 Fri. 10:07 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

マルカメムシ(丸亀虫) 


マルカメムシ2z



マルカメムシ3z
交尾画像です。


マルカメムシ4z
左前方に幼虫が写っています。


マルカメムシ5z
4枚ともクズ(葛)の茎です。


マルカメムシ(丸亀虫 又は 丸椿象)

分類 : カメムシ(半翅)目マルカメムシ科
体長 : 約5mm
分布 : 本州~四国・九州
  平地~低山地の林の縁などで普通に見られます。
特徴 : 甲虫の仲間のように見える小さなカメムシです。
  体は光沢のある暗黄褐色をして、黒い点刻が密にあります。
  頭部は小さく中央に溝があり、暗褐色の筋が2本あります。
  腹部の後方は丸く円形になります。
  マメ科植物のヤマフジ、クズなどの他
  ダイズやアズキなどの汁を吸うため作物の害虫として駆除されます。
  また、悪臭を放ちます。
  幼虫は黄褐色をしていて、背面には多数の長い毛が生えています。

名前の由来 : 丸っこいカメムシということから。




Posted on 2017/06/29 Thu. 10:56 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ヒメナガメ(姫菜亀) 


ヒメナガメ1z



ヒメナガメ2z



ヒメナガメ3z
左は幼虫です。


ヒメナガメ4z


ヒメナガメ(姫菜亀 又は 姫椿象)

分類 : カメムシ(半翅)目カメムシ科
体長 : 7~8mm
分布 : 本州8東北地方では少ない)~沖縄
  平地~山地の畑や草原
特徴 : 全体が黒地に橙赤色の条紋のある美しいカメムシ。
  ナガメよりやや細長く
  ナガメの胸部には黒紋が左右2つあるのに対し
  ヒメナガメは前方に2つ、後方に4つ黒紋が並んでいます。
  また、腹部の模様はナガメより複雑です。
  ナガメと食草が同じなため、両種が混生するということです。
  幼虫、成虫とも主にアブラナ科の植物につき
  野菜ではアブラナやダイコン、キャベツなどに
  野草ではナズナ、タネツケバナ、イヌガラシなどにつくそうで
  野菜にとっては汁を吸う害虫として駆除されます。

名前御由来 : 菜の花につくカメムシで
  ナガメより小さいからとか、細身であるからということになっていますが
  肉眼ではほぼ同じ大きさに見えました。



 データなどは昨日の記事に加筆しました。



Posted on 2017/06/18 Sun. 10:39 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

ナガメ(菜亀) 


ナガメ1z



ナガメ2z



ナガメ5z



ナガメ4z


ナガメ(菜亀 又は 菜椿象)

分類 : カメムシ(半翅)目カメムシ科
体長 : 8~9mm
分布 : 北海道~四国・九州
  平地~山地の畑や草原
特徴 : 全体が黒地に淡橙~赤い条紋のある美しいカメムシ。
  幼虫、成虫とも主にアブラナ科の植物につき
  野菜ではアブラナやダイコン、キャベツなどに
  野草ではナズナ、タネツケバナ、イヌガラシなどにつくそうで
  野菜にとっては汁を吸う害虫として駆除されます。

名前御由来 : 菜の花につくカメムシということから。

メモ=この仲間でよく似たヒメナガメも同じ野菜にいたので
  明日投稿します。



Posted on 2017/06/17 Sat. 10:19 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

アオモンツノカメムシ(青紋角亀虫) 


アオモンカメ1z



アオモンカメ2z



アオモンカメ3z



アオモンカメ4z



アオモンカメ5z


アオモンツノカメムシ(青紋角亀虫 又は 青紋角椿象)

分類 : カメムシ(半翅)目ツノカメムシ科
体長 : 8~9mm
分布 : 本州~四国・九州~南西諸島
  平地~低山地や山麓
特徴 : 前胸部の両側に突き出た角は小さく、あまり目立ちません。
  背面は明るい緑色に暗褐色~赤褐色の斑紋があり、X字型に見え
  カラフルな色模様をしたカメムシです。
  成虫はウコギ科のヤツデやキヅタなどの花や実などを食べるそうです。

名前の由来 : 名前のままでいいようです。




Posted on 2017/05/13 Sat. 10:28 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ホオズキカメムシ(鬼灯亀虫) 


ホオズキカメ1z



ホオズキカメ3z



ホオズキカメ2z



ホオズキカメ4z
部屋に入ってきたのを見つけ、カーテンに這わせたり
指でつまんだりし、片手離しで写しました。



ホオズキカメムシ(鬼灯亀虫 又は 酸漿椿象)

分類 : カメムシ(半翅)目ヘリカメムシ科
体長 : 10~13mm
分布 : 本州~沖縄
  平地の草原、畑などで見られる。
特徴 : 光沢がなく黒褐色の、いかつい感じのカメムシ。
  頭部から胸部にかけて白い筋模様があり、体表に剛毛が生え
  後脚の腿節が太いのが目立ちます。
  ナス科のナスやホオズキなどを好み
  他にアサガオやヒルガオなどにもついて吸汁し
  時にサツマイモやナス、トマトなどに群生し、害することもあるそうです。

名前の由来 : ホオズキを含むナス科の植物を好んで食べるからという説や
  カメムシのことを古語では「ホウ」とか「ホオ」と呼び
  カメムシが好きな植物のことを「ホオ好き」といい
  このカメムシが好きな植物につくカメムシということからという説もありました。
  後者の場合はちょっとややこしい話でした。



 

Posted on 2016/10/06 Thu. 10:54 [edit]

CM: 2
TB: --

top △