fc2ブログ

ショウリョウバッタ(精霊飛蝗)


ショウリョウバッタm19-2z



ショウリョウバッタm19-1z



ショウリョウバッタm19-3z

↑  3葉はオスのショウリョウバッタ

↓  2葉はメスのショウリョウバッタです。

この画像からはオスとメスの体長の差は分かりませんが
メスの体長はオスの2倍ほどの大きさです。

ショウリョウバッタw19-1z



ショウリョウバッタw19-2z


ショウリョウバッタ(精霊飛蝗 又は 精霊蝗虫)
コメツキバッタ(米搗き飛蝗)

分類 : バッタ(直翅)目バッタ科
体長 : ♂ 45~52mm  ♀ 75~82mm
分布 : 日本全土
 イネ科植物が生える、明るく乾いた草はらなどで見られる。
特徴 : 地上性のバッタで、メスは日本のバッタ類の中では最大級。
 しかし、オスはメスの半分ほどの大きさしかありません。
 頭部は円錐形で細長く、触角は短くて平たい。
 体色は、暮らす場所によって緑色型と褐色型、その中間色型があり
 体側に黄白色の縦帯模様が入るのもあります。
 オスは飛ぶときに前翅と後翅を打ち合わせてキチキチ…と音を出します。

名前の由来 : 8月の旧盆(精霊会)の頃によく見られるからという説や
 精霊流しの精霊舟に似ているからという説がありました。
 コメツキバッタは、後肢を掴(つか)むと体を上下に動かすので
 その仕草を「米搗き」に見立てて。



データなどは2013年8月投稿記事に加筆修正しました。



テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ツチイナゴ(土蝗)

ツチイナゴ18-1z



ツチイナゴ18-2z



ツチイナゴ8-4z



ツチイナゴ18-5z


ツチイナゴ(土蝗 又は 
土稲子)

分類 : バッタ(直翅)目イナゴ科
体長 : ♂40mm内外  ♀47mm内外
分布 : 本州~沖縄  
  乾いた平地のよく茂った草原などで見られる。
特徴 : 
幼虫のほとんどは鮮やかな緑色で、小さな黒い斑点が入ります。
  成虫は淡褐色、又は暗褐色に変わり、全体に細かい毛が生えています。
  頭部から翅の先端まで黄白色の線が通る個体(セスジツチイナゴ)が多い中で
  全くこの線を欠く個体もいるそうです。
  幼虫の時から複眼の下に涙を流しているような黒っぽい線が入り
  名前の判定をする手がかりになります。
  成虫で越冬するバッタとしても知られています。

名前の由来 : 成虫が土のような色をしたイナゴということから。

メモ=いろいろな植物の葉を食べるようですが
  特にクズ(葛)の葉を好むそうです。
  7月頃から幼虫が見られ、10月頃に成虫となり
  そのまま草の茂みなどで冬越し
  翌年の春から活動を始めるということです。



データは2016年9月投稿記事(幼虫)に加筆修正しました。



テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

エンマコオロギ(閻魔蟋蟀)



産卵管を地面に差し込み、産卵中のコオロギと出合いました。
エンマコオロギ18-1z



エンマコオロギ18-2z
産卵管を地面から抜きました。
産卵は1回に1個ずつだそうです。


エンマコオロギ18-3z
次の場所でまた産卵管を地面に差し込みました。


エンマコオロギ18-4z
こちらを向いたのは一瞬で、すぐ逃げられました。
右後脚が欠落していました。


エンマコオロギ(閻魔蟋蟀)

分類 : バッタ(直翅)目コオロギ科
体長 : 26~35mm
分布 : 北海道~四国・九州
  平地の草はら、田畑、道端など草の根ぎわにいます。
特徴 : 日本産コオロギ類の中の大形種。
  最も身近にいるコオロギですが
  昼間はほとんど草むらの中にいて、オスの鳴き声だけは聞こえますが
  姿を見せることは滅多にありません。
  体はこげ茶色で、頭部は光沢があります。
  頭はほぼ球形で、複眼上部付近に黄褐色の眉状紋(びじょうもん)があり
  この表情を閻魔大王(えんまだいおう)の怒った顔に見立ててついた名前。
  オスの翅には複雑な筋模様があり
  メスの翅は整った筋模様で、細長い真っ直ぐな産卵管が目立ちます。

  

メモ=エンマさんのようないかつい顔をしていますが
  コロコロコロリー、コロコロコロリーとやさしくきれいな鳴き声を聞かせてくれます。



データなどは2012年10月投稿記事に加筆修正しました。



テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

イボバッタ(疣飛蝗)



イボバッタ18-1z



イボバッタ18-2z



イボバッタ18-3z



イボバッタ18-5z


イボバッタ(疣飛蝗)

分類 : バッタ(直翅)目バッタ科
体長 : ♂18~24mm   ♀28~35mm
分布 : 本州~四国・九州
  人家周辺や草地、畑など日当たりのいい乾燥した地上で見られる。
特徴 : 体は灰褐色と暗褐色の斑(まだら)模様。
  地面の色に擬態していて、とても見付け難いバッタです。
  前胸背面には明瞭な2~3個の突起と小さな凹凸があり、イボのように見えます。
  地上で止まっているときは、後肢を上下動させます。
  いろいろな植物の葉っぱを食べるそうです。

名前の由来 : 前胸背面にある突起をイボに見立てて。




データなどは2015年8月投稿記事からの転載です。



テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

マダラスズ(斑鈴虫)



マダラスズ1z



マダラスズ2z



マダラスズ3z



マダラスズ5z


マダラスズ(斑鈴虫)

分類 : バッタ(直翅)目ヒバリモドキ(コオロギ)科
体長 : 6~12mm
分布 : 北海道~四国・九州~奄美大島
  平地~低山地 丈の低い草地、芝生、道端など
特徴 : 地面で生活している小さなコオロギの仲間。
  体は灰黒色。
  後脚の腿部に黒と白の斑紋が目立ちます。
  オスの前翅は茶褐色で、メスの前翅は短く、産卵管はなぎなた形。
  草陰などで一日中規則正しくジィーッ、ジィーッ、ジィーッと鳴いています。
  しかし、警戒心が強いので見つけるのは難しいです。
  たまたま軒下のコンクリート部とプランターに出てきたところを撮りました。

名前の由来 : 後脚に黒と白色の斑紋が目立つスズムシということから。
  但し、スズムシはヒバリモドキ科ではなく、マツムシ科に分けられています。




テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

セスジツユムシ(背条露虫)



セスジツユw1z



セスジツユw3z



セスジツユw5z



セスジツユw6z


セスジツユムシ(背条露虫)

分類 : バッタ(直翅)目キリギリス科
体長 : 13~22mm  翅端までは35~47mm
分布 : 本州~四国・九州
  平地~低山地の草原や林縁などに生息。
特徴 : 緑色型と褐色型がいる。
  後翅は前翅より長く、体長の約1.5倍ほど。
  メスには背部に黄白色又は橙褐色の条があり
  オスの背部には茶褐色の条があります。
  メスの産卵管は90度ほど上に反っている短い鎌状です。
  オスはチチチジーッ、チジーッチと鳴くそうです。
  キリギリスの仲間は肉食性が多い中で
  いろいろな植物の葉を食べる草食性なため
  どことなくやさしい姿をしています。

名前の由来 : ツユムシに似て背部に薄い黄白色の条があることから。




テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

カンタン(邯鄲)



カンタン1z



カンタン2z



カンタン4z



カンタン5z


カンタン(邯鄲)

分類 : バッタ(直翅)目マツムシ(コオロギ)科
体長 : 11~23mm
分布 : 北海道~四国・九州
  クズ、ススキ、カナムグラ、ヨモギなど丈の高い草むらに生息。
特徴 : 体は細長く、淡黄緑色又は淡黄褐色をして頭部は小さい。
  オスの前翅は幅広く楕円形の半透明で
  ヨモギやクズが好きでその葉の上でルルルルルと連続音を出して鳴く。
  メスの産卵管は黒褐色で長く棒状。
  産卵はヨモギなどの茎を噛(か)み、傷つけて産卵管を差し込んで数個の卵を産み
  卵は枯れた茎の中で育ち、翌年の6月頃に幼虫が孵化するそうです。

名前の由来 : 一説にこの虫の儚(はかな)げな姿が
  中国の故事の「邯鄲の枕」を連想させることから。
  『「邯鄲の枕の故事」とは人生の栄枯盛衰のはかないことのたとえ』だそうです。

メモ=産卵管の先端だけが黒褐色の個体は「ヒロバネカンタン」とか
  「タイワンカンタン」といわれるものだそうです。
  主に海岸近くの草原に生息しているということです。
  当該個体は内陸部の草はらで見つけたものですが
  もしかしたらその「ヒロバネカンタン」かもしれません。
  ご存じの方がおられましたらご指摘ご指導のほどお願いします。



テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード