サンゴシトウ(珊瑚刺桐) 


サンゴシトウ2z



サンゴシトウ3z



サンゴシトウ5z



サンゴシトウ6z


サンゴシトウ(珊瑚刺桐 又は 珊瑚紫豆)
ヒシバデイゴ(菱葉梯梧)

分類 : マメ科デイゴ属  落葉低木
学名 : Erythrina × bidwillii
原産地 : オーストラリアの植物園で作出された園芸品種
特徴 : 樹高3~4mで枝葉は細くて長く伸びる。
  枝は褐色を帯びた緑色をして、所々に刺(とげ)があります。
  葉は菱形状の広い卵形の3出複葉で、小葉の長さは5~10cm。
  枝先に長く伸びた花茎に3~5cmほどの筒状の刀のような花を咲かせます。

名前の由来 : 赤い珊瑚のようにいっぱい咲き、枝葉に刺があってキリ(桐)のようだから。
  また、紫色をしたマメ科の花ということから。

メモ=南アメリカ原産のアメリカデイゴと
  北アメリカ原産のエリスリナ・ヘルバケアを交配させて出来た品種。
  アメリカデイゴに似ていますが
  アメリカデイゴの花弁(旗弁)は大きく開いていますが
  サンゴシトウの花弁(旗弁)は細長く筒状になって咲きます。



スポンサーサイト

Posted on 2017/07/20 Thu. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花) 


カシワバアジ17-1z



カシワバアジ17-2z



カシワバアジ17-3z

↑  八重咲き品種

↓  一重咲き品種

カシワバアジ17-4z



カシワバアジ17-5z


カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)

分類 : ユキノシタ科アジサイ属  落葉低木
学名 : Hydrangea quercifolia
原産地 : 北アメリカ東南部
特徴 : 樹高1~2mほど。
  葉は長さ8~25cmで、普通5つに裂け
  裏表には毛が生えています。
  枝先に装飾花である花穂が15~25cm円錐状につきます。
  ヤマアジサイやセイヨウアジサイとは種を別にするアジサイです。

名前の由来 : 自生種のカシワ(柏)ではなく(かしわ餅に使われる葉ではなく)
  原産地のアメリカガシワの葉に似ていることから。
  
メモ=庭木や公園などに植えらている多くは園芸品種のようで
  八重咲きは「スノーフレーク」であったり
  一重のものは「スノークイーン」といわれるもの
  また、巨大な花房で全てが装飾花の「ハーモニー」などがあるそうです。
 ・よく似た花を咲かせるものに「ピラミッドアジサイ」というのがありますが
  これはノリウツギ(糊空木)の園芸品種で、葉の形が違います。



Posted on 2017/06/12 Mon. 10:24 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ヤエコクリュウ(八重黒竜) 


コクリュウ1z



コクリュウ2z



コクリュウ3z



コクリュウ4z


ヤエコクリュウ(八重黒竜)
 ボタンフジ(牡丹藤)

分類 : マメ科フジ属  つる性落葉低木
学名 : Wisteria floribunda 'Yae-Kokuryu'
原産地 : 日本での園芸作出品種
特徴 : ノダフジ(野田藤)系コクリュウフジ(黒竜藤)の八重咲品種。
  生育力は旺盛だそうで、樹高3~10m。
  葉は奇数羽状複葉で、小葉は卵形~長楕円形。
  垂れ下がる花序の長さは20~50cm。
  一つの花はオシベの大部分が花弁化し、玉咲きになります。
  強い芳香があります。

名前の由来 : 分かりませんでした。

メモ=あまり普及していないせいでしょうか
  情報は多くありませんでした。



Posted on 2017/05/08 Mon. 10:19 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

オオバベニガシワ(大葉紅槲) 


ベニカシワw1z



ベニカシワw2z



ベニカシワw3z

  メス花

  オス花

ベニカシワm2z



ベニカシワm3z


オオバベニガシワ(大葉紅槲)
オオバアカメガシワ(大葉赤芽槲)

分類 : トウダイグサ科オオバベニガシワ属  落葉低木
学名 : Alchornea davidii
原産地 : 中国東南部
特徴 : 若葉が美しく、観賞用として植えられますが
  野生化しているものもあるようです。
  幹は棒立ちとなり、高さ2~3m。
  葉は長さ10~25cmの心円形で、縁にぎざぎざ(鋸歯)があり
  両面の脈沿いに軟毛があります。
  若葉は紅色で美しいですが、ひと月もすると緑白色になり
  やがて緑色に変化します。
  花はメス花とオス花は別々に咲き
  メス花は葉の腋に数個つき、花柱は糸状に3つに分かれ、長さ1cm前後。
  オス花は数十個つき、オシベは8つで車状に反り返り、径5mmほどです。
  図鑑には雌雄同株、又は雌雄異株とされているものがありました。

名前の由来 : 自生種のアカメガシワに葉が似て、大きい葉ということから。
  因みにアカメガシワの葉の大きさは5~20cm。




Posted on 2017/04/17 Mon. 10:30 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ゲンペイモモ(源平桃) 


ハナモモ17-1z



ハナモモ17-2z



ハナモモ17-3z



ハナモモ17-4z



ハナモモ17-5z



ハナモモ17-6z


ゲンペイモモ(源平桃)

分類 : バラ科サクラ属   落葉小高木
学名 : Prunus persica Batsch Genpei
原産地 : 中国
特徴 : 江戸時代に改良されたハナモモの1品種で、樹高は2~4m。
  1本の木に八重の白、桃、赤色と絞り模様が入る花が咲き分けます。
  花径3~4cmほど。
  花色は植えた場所の環境やその年の気候などにより
  白色が多かったり赤色ばかりになったりと、偏(かたよ)ることがあるそうです。

名前の由来 : 1本の木に白や赤色の花が競うように咲き乱れるさまを
  源平合戦に見立てたもの。





Posted on 2017/04/10 Mon. 10:12 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

リキュウバイ(利休梅) 



リキュウバイ17-1z



リキュウバイ17-2z



リキュウバイ17-3z



リキュウバイ17-4z


リキュウバイ(利休梅)
バイカシモツケ(梅花下野)  
ウメザキウツギ(梅咲空木)

分類 : バラ科ヤナギザクラ属  落葉低木
学名 : Exochorda racemosa
原産地 : 中国中北部
特徴 : 明治末期頃日本に渡来し、庭木や公園木等として植えられます。
  樹高は2~4m。
  葉は狭倒卵形又は長楕円形で、先はわずかに尖り、長さ6cmほど。
  芽吹きと開花はほぼ同時で
  枝先に多数の花が集まって(=総状花序)白い花が開きます。
  花径は3~5cmで、オシベは15~25個あり、3~5個ずつ花弁の基部につきます。
  メシベは1個で先は5つに裂けています。

名前の由来 : ウメの花に似て上品な雰囲気があることから茶花として使われるので
  千利休にあやかったものだそうです。




 データなどは2013年3月投稿記事に加筆修正しました。




Posted on 2017/04/09 Sun. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --

top △

ボケ(木瓜) 


ボケ1z



ボケ2z



ボケ3z



ボケ4z



ボケ5z


ボ ケ(木 瓜)

分類 : バラ科ボケ属  落葉低木
学名 : Chaenomeles speciosa
原産地 : 中国
  平安時代に渡来したとされ、園芸品種が多くあります。
特徴 : よく枝分かれし、樹高1~2m。
  小枝は刺状になります。
  葉は楕円又は長楕円で、縁はぎざぎざ(鋸歯)。
  葉が展開する前に2~3cmの花を咲かせます。
  果実は果柄がほとんどなく、長さ8~10cmのぼこぼこした楕円形で
  7~8月頃に黄色に熟れます。
名前の由来 : 果実が瓜に似て木になるので「木瓜(もけ)」が転じたとされたり
  「木瓜(ぼっくわ)」が転じたという説もあり 
  その由来についてははっきりしないという説もあります。

メモ=自生種にクサボケ(草木瓜)があり、国内で園芸化され
  その過程でボケとクサボケが交雑し
  その中間型と思われる品種も多いそうです。
  春咲きの代表的な園芸品種に「東洋錦」があり
  同じ株、同じ枝に紅、白、桃色が咲き分けます。
  他に、二季咲きの「長寿梅」や八重咲きの「昭和錦」などがあります。



Posted on 2017/03/26 Sun. 10:47 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2017-07