2017年秋・ヒガンバナいろいろ…3 



ヒガンバナy17-1z



ヒガンバナy17-2z



ヒガンバナy17-5z



ヒガンバナy17-4z



ヒガンバナy17-6z


2017年秋・ヒガンバナいろいろ…3
ショウキズイセン(鍾馗水仙)

我が家ではヒガンバナやシロバナヒガンバナにやや遅れて開花する
黄色のヒガンバナで、正式名称はショウキズイセンです。
前日投稿のシロバナヒガンバナの片方の親で
自生種は四国~九州南部~沖縄の草地や林の縁に生えるそうです。
赤いヒガンバナやシロバナヒガンバナより花茎はひと回り太く
花弁も2倍ほど幅広く、縁は波打ち、花後には種子ができます。

ショウキズイセンの名前は、花弁の波打つ様子を
中国に伝わる神様の鍾馗(しょうき)の髭(ひげ)に例えたそうです。




スポンサーサイト

Posted on 2017/09/25 Mon. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2017年秋・ヒガンバナいろいろ…2 


シロバナヒガンc17-1z



シロバナヒガンc17-2z



シロバナヒガンc17ー3z



シロバナヒガンc17-4z


2017年秋・ヒガンバナいろいろ…2


シロバナヒガンバナ(白花彼岸花)は
染色体が2倍体のコヒガンバナ(小彼岸花)と
黄色のショウキズイセン(鍾馗水仙)との自然交雑種で
前日投稿のヒガンバナ同様、染色体が3倍体で種子はできないそうです。

ところで、コヒガンバナとはいかなるものかといえば
ヒガンバナとの違いは、外見は相違なく
種子ができるヒガンバナだそうです。




Posted on 2017/09/24 Sun. 10:35 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2017年秋・ヒガンバナいろいろ…1 


ヒガンバナ17r1z



ヒガンバナ17r5z



ヒガンバナ17r2z



ヒガンバナ17r3z



ヒガンバナ17r4z


2017年秋・ヒガンバナいろいろ…1

今日は彼岸の中日ということで
我が家の庭に咲いたヒガンバナや
散歩の途中で出合ったヒガンバナを
数回に分けて投稿していきます。
毎年変わり映えしない画像になりますが
お付き合い下さると有難いです。




Posted on 2017/09/23 Sat. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

九州国立博物館『ラスコー展』 


◎先日、九州国立博物館(福岡県太宰府市)で開催されている「ラスコー展」を観に行きました。
 こうした特別展の会場では、ほとんどが撮影禁止になりますが
 この会場では数か所のコーナーに限って撮影が許されていました。

●会期は9月3日まで。



会場入り口です。
ラスコー1z




●ラスコー洞窟に2万年前のクロマニヨン人が描いた壁画を
精巧に再現した壁画が展示されていました。

ラスコー2z
黒い牡牛とその周囲に数頭の馬が重なるように描かれていました。


ラスコー3z
鹿の頭部が5匹描かれていました。


ラスコー4z
右はバイソンだそうで、その横に人らしきものが描かれていました。


●この洞窟で発掘された人骨化石から
フランスの芸術家が最新の学術成果に基づいて制作した
2万年前の等身大クロマニヨン人4体です。

ラスコー5z



ラスコー6z



ラスコー7z



●ラスコー洞窟は、フランス南西部のモンティニャック村を見下ろす丘の上にあり
 1940年、村の少年が穴に落ちた犬を探しに行き、発見したものだそうです。




Posted on 2017/08/31 Thu. 10:22 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

サギソウ(鷺草) 


サギソウ17-1z



サギソウ17-2z



サギソウ17-3z



サギソウ17-4z



サギソウ17-5z


サギソウ(鷺草)
栽培種



毎年この時季になると性懲りもなく投稿するサギソウです。

最初は10粒ほどの球根を春に買ってきて

水苔(みずごけ)に植え、咲かせました。

咲き終わったあとは水苔が乾かないよう気をつけ

翌年の春に水苔の中で育った新しい球根を取り出し

新しい水苔に植え付けるという作業を二十数年繰り返してきましたが

今年の春は、植え替える作業が億劫になり、昨年のまま放ったらかしにして

水苔が乾かない程度にしていたら、今年も健気に花を咲かせてくれました。

来春は億劫がらず、新しい水苔に植え替えてやりたいと思っています。





Posted on 2017/08/28 Mon. 10:34 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

オニユリ(鬼百合) 


オニユリ17-1z



オニユリ17-2z



オニユリ17-3z



オニユリ17-4z
家と家の間の狭い空き地に2~3株花を咲かせていました。


オニユリ(鬼百合)



昨年は同じ頃にオウゴンオニユリ(黄金鬼百合)と
この花を一緒に投稿していましたが
今年は分けての投稿です。



Posted on 2017/07/25 Tue. 10:29 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

オウゴンオニユリ(黄金鬼百合) 


オウゴンユリ1z



オウゴンユリ2z



オウゴンユリ3z



オウゴンユリ4z
ひと月ほど前に我が家の庭で咲いた花です。
自生種は長崎県対馬で大切に保存育成されているそうです。



オウゴンオニユリ(黄金鬼百合)


当地では暑い日が続いています。
2~3年前までは何とか暑さをこらえて花、虫撮り徘徊に勤しめましたが
80歳の老体にはこの酷暑は耐えられず、引きこもる日が多くなりました。

これからは時季遅れの花や虫など撮り貯めていたものを交えながら
更新していくことにします。
お付き合い頂ければ嬉しいです。



Posted on 2017/07/24 Mon. 10:25 [edit]

CM: 2
TB: --

top △