fc2ブログ

コロニラ・バレンティナ


コロニラ1z


コロニラ3z


コロニラ6z


コロニラ4z


コロニラ・バレンティナ(学名読み)

分類 : マメ科コロニラ属  常緑小低木
学名 : Coronilla valentina
原産地 : 南ヨーロッパ・地中海東部沿岸
特徴 : 樹高30~100cm。
 樹形は一つの根から複数の幹が立ち上がる株立ちです。
 葉は2~3対の複数複葉の長さ1.5~3cm、幅1.5~2cm。
 小葉はやや厚めの卵形の長さ1~1.5cm、幅0.5~0.7cm。
 枝先に花軸の先に3cmほどの散形花序(柄を持つ花が数個放射状につく)をつくります。
 蝶形をした小花の大きさは1cm前後で、花には芳香があります。

名前の由来 : コロニラとは、「小さな花」、又は「小さな王冠」のこととも。
 バレンティナとは、スペインの「バレンシア地方」の意。


メモ
=葉の縁に灰緑色の覆輪斑が入る
 コロニラ・バレンティナ・グラウカ ’ヴァリエガタ’
 (Coronilla valentina glauca 'Variegata')があります。





スポンサーサイト



テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

シロバナオダマキ(白花苧環)


wオダマキ24-1z


wオダマキ24-2z


wオダマキ24-3z


wオダマキ24-4z


シロバナオダマキ(白花苧環)

分類 : キンポウゲ科オダマキ属  多年草
学名 : Aquilegia flabellata var.pumila f.Alba(Aquilegia flabellata form. alba)
分布 :ミヤマオダマキ(深山苧環)の改良品種
 原種のミヤマオダマキは
 北海道~本州(中部地方以北)の高山の礫地や乾いた草地に生える。

特徴 : 原種のミヤマオダマキは鮮やかな青紫色の花で、時に白花や桃色の花も咲くそうです。
 草丈10~20cm。
 葉は長い柄がある2回3出複葉で、葉柄は4.5~7cm。
 小葉は掌状で深く3裂していて、中央の小葉は広卵形の長さ2×4.5cm。
 縁には3~4個の鈍い切れ込みがあります。
 葉の腋から3~7cmの花茎を伸ばした先に
 径3~4cmの花を斜め下向きに咲かせます。
 花弁のように開いているのは萼(がく)だそうで、花弁は中央の筒状になっているもの。
 花の基部の後方で細く丸まっているのは距(きょ)といわれるものです。

名前の由来 : オダマキ(苧環)とは昔、麻糸を空洞のように巻いた道具で
 距の突き出た花の形が糸巻きの姿に似ていることから。
  
メモ=古くから庭などで栽培され
 ミヤマオダマキの名前で流通している多くは
 ミヤマオダマキを改良した園芸品種といわれています。
 栽培品種で多いのはセイヨウオダマキ(西洋苧環)といわれるもので
 草丈50~70cm、花色、形とも多彩です。



データなどは2016年5月投稿記事に加筆修正しました。


テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

ペチコートスイセン(ぺちこーと水仙)


ペチコート24-5z


ペチコート24-4z


ペチコート24-2z


ペチコート24-6z


ペチコートスイセン(ぺちこーと水仙)
ナルキッスス・ブルボコディウム
(学名読み)

分類 : ヒガンバナ科スイセン属  多年草
学名 : Narcissus bulbocodium cv.Goldenbells
原産地 : イベリア半島~アフリカ北西部 地中海沿岸
特徴 : 野生種(原種)系のスイセン(水仙)で
 秋の中頃から細くて長い葉を伸ばして冬を越し
 翌年の春に細い花茎を立て、1茎にひとつの花を咲かせます。
 葉の長さは10~40cm、幅2mmほどの半円形です。
 細い花茎の長さは9~20cmで
 カップ状に開いた副花冠長さ2.5~3cm、花径約2cmが目立ち
 外側の細く尖った6つは花被片で、長さ1.5~2cmほど。
 曲がったメシベ(花柱)は副花冠から突き出ています。
 晩春頃から葉が枯れはじめ、夏の間は休眠します。

名前の由来 : カップ状に開いた副花冠をペチコート(スカート)に見立てて。
 学名のナルキッススとは
 ギリシア神話に出てくる美青年ナルシッススに因みむという説が多いですが
 又の説によると、narke=「麻痺、昏睡など」の語からできた名で
 有毒な鱗茎に因むという記事がありました。
 ブルボコディウムとは、「毛深い球根の」の意。

メモ=園芸品種には白色系や、カップ状の副花冠にしわのよったものがあるそうです。



データなどは2017年4月投稿記事に加筆修正しました。


テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

デンドロビウム・スペシオ-キンギアナム


キンギアヌム24-1z


キンギアヌム24-3z


キンギアヌム24-4z


キンギアヌム24-5z


デンドロビウム・スペシオ-キンギアナム
品種名・’Ayako' かも?

分類 : ラン科セッコク属  常緑多年草
学名 : Dendorobium Specio-kingianum
原産地 : オーストラリア
 高地の岩上に着生するラン。
特徴 :スペシオスム(D.speciosum)種と
 キンギアナム(D.kingianum)種との種間交雑種。
 草丈30cm内外。
 偽球茎(バルブ)は根元が太くて上部が細い、長さ15cmほど。
 上部に革質の長さ10cmほどの長楕円形の葉を3~4枚つけます。
 上部の葉の間から軸を立て、その先に3~10個の花を咲かせます。
 花は2.5cmほどの花柄があり
 花の大きさは2~3cmで、芳香があります。
 耐寒性、耐暑性に強く、育てやすい洋ランだそうです。

名前の由来 : デンドロビウムとは、野生種は樹上に着生していることから
 ギリシア語の「樹木」と「着生」との合成語。
 スペシオ(=スペシオムス)とは、「美しい」とか「華やか」の意。
 キンギアナムとは、オーストラリア一周を航海したイギリスのキング提督への献名。

メモ=デンドロビウム・キンギアナムとは、オーストラリアに生息する多年草で
 一般にキンギアナムと呼ばれているものは、スペシオサム種との交配が多く
 花色は白やピンクなどがあり、多数の花を咲かせます。
 このような園芸品種をキンギアナム系のデンドロビウムと呼んでいるそうです。




データなどは2020年4月投稿記事に加筆修正しました。


テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

プルモナリア


プルモナリア24-1z


プルモナリア24-5z


プルモナリア24-6z


プルモナリア24-2z


プルモナリア(学名読み)

分類 : ムラサキ科プルモナリア(ハイゾウソウ)属  常緑多年草
学名 : Pulmonaria sp.
原産地 : ヨーロッパ
特徴 : 株はロゼット状になり
 草丈は高く伸びず、20~30cm。
 草全体にやや硬めの毛が生えていて、触るとザラザラします。
 葉は卵形で先が尖る長さ7~15cm、幅4.5cm前後。
 茎先に漏斗状をした径1.7cmほどの花がかたまって咲きます。
 花弁の中心部には毛が生えています。
 葉や花色は品種によって異なり
 葉に白い斑が入るもの、入らないものなどがあり
 花色は白、ブルー、赤紫などの単色の他
 赤紫からブルーに変化するものなどがあるそうです。

名前の由来 : ラテン語の「肺」が語源で
 古くに胸や咳に疾患を治療するために使用されたことから。
 ハイゾウソウ属の漢字表記は「肺草属」。

メモ=多くの園芸品種があるそうで
 ルイス・パルマーはこの花を代表する品種で、青紫色の花が群れて咲き
 葉には白い斑点が入るそうです。
 ブルーエンサンという品種は、濃青色大輪の斑が入らない緑葉で
 性質が強く、育てやすいそうです。
 他にオパール、マジェスティ、シルベラードなどの品種があるそうです。
 当画像の品種名は分かりませんでしたが
 オフィキナリス(Pulmonaria.officinalis)の栽培種かもしれません。




データなどは2019年3月投稿記事に加筆修正しました。


テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

ヒメリュウキンカ(姫立金花)


ヒメリュウキンカ24-1z


ヒメリュウキンカ24-2z


ヒメリュウキンカ24-4z


↓  2葉は葉が黒い、カラスバヒメリュウキンカ(烏葉姫立金花)
ヒメリュウキンカb24-1z


ヒメリュウキンカb24-2z


ヒメリュウキンカ(姫立金花)
キクザキリュウキンカ(菊咲き立金花)
オウシュウキンポウゲ(欧州金鳳花)

分類 : キンポウゲ科キンポウゲ(キクザキリュウキンカ)属  多年草
学名 : Ranunculus ficaria(Ficaria verna)
原産地 : ヨ-ロッパ~西アジア シベリア
特徴 : 草丈5~10cmほど。
 葉は長い柄があるハート形の暗緑色で
 葉の長さ5~10cm、幅6~7cm。
 夏頃になると葉は緑色になり、やがて枯れます。
 葉腋から花柄を伸ばし、径2~4cmの花を咲かせます。
 花には花弁はなく、7~12個の光沢のある萼片が目立ちます。
 多くの園芸品種があり、花色が白、黄、クリーム、緑や大輪、八重咲きがあり
 斑入り葉や黒っぽいカラス葉(銅葉)があるようです。

名前の由来 : 自生種のリュウキンカに似た花をつけ
 それより草丈などが小さいことから。
 キクザキリュウキンカ(菊咲立金花)とは
 自生種のリュウキンカの萼片5~7個に対し
 萼片が10枚前後と菊のように多いことからという説がありました。
 リュウキンカとは、茎が直立し、金色の花を咲かせることから。
 
メモ=日本に自生するリュウキンカ(立金花)とよく似ていますが
 リュウキンカはリュウキンカ属に
 ヒメリュウキンカは、キンポウゲ(キクザキリュウキンカ)属に分けられています。
 両者の違いのひとつに、自生種は沼地や湿地に生え
 ヒメリュウキンカは普通の土壌でもよく育つ丈夫な植物で
 多くの種内変異が見られるそうです。




データなどは2020年3月投稿記事に加筆修正しました。


テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

ムスカリ


ムスカリ24-1z


ムスカリ24-6z


ムスカリ24-3z


ムスカリ24-4z


ムスカリアルメニアクム (学名読み)
グレープヒヤシンス
(英名)

分類 : キジカクシ(ユリ)科ムスカリ属  多年草
学名 : Muscari armeniacum
原産地 : 地中海沿岸~南西アジア
特徴 : 草丈15~20cm。
 葉は細くて中央部は凹み、少し肉厚の長さ10~20cm、幅0.5~1cm。
 直立した茎先に5cmほどの花穂(総状花序)を伸ばし
 長さ5~7mmの小さな壺型の花を下向きに咲かせます。
 花の先端は白く、径3~5mmほどで、浅く6つに裂けています。
 性質は耐暑性、耐寒性に強く、空き地などで野草化していることもあります。
名前の由来 : ムスカリとは、ギリシア語のムスコス=「(じゃこう)」の意で
 この植物の仲間に強い芳香を持つ種があることから。
 種小名のアルメニアクムとは、原産地のアルメニアの意。

メモ=広く植えられる品種は、花色が青紫色をしたアルメニアクム種ですが
 この花を親とした園芸品種があり
 白色や黄色、花弁が細い羽状になるもの、八重咲き種もあるそうです。




データなどは2020年4月投稿記事に加筆修正しました。


テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード