ツノナス(角茄子) 



ツノナス1z



ツノナス2z



ツノナス3z



ツノナスf1z



ツノナスf2z



ツノナスf3z


ツノナス(角茄子) 
カナリアナス(金糸雀茄子)
フォックスフェイス

分類 : ナス科ナス属  常緑多年草だが非耐寒性のため1年草扱い
学名 : Solanum mammosum
原産地 : ブラジル
特徴 : 草丈は1.5~2mで、秋に熟れる光沢のある果実を鑑賞する植物。
  葉は広い楕円形で柔らかい毛が生え、葉脈には鋭い黄色の刺があります。
  茎の腋(わき)に径3cmほどの青紫色の花を多数咲かせます。
  花後に卵形の果実ができ、若いときは緑色をしていて、熟してくると黄色に変わります。
  果実は5~7cmほどで、基部に5つの角状の突起が見られます。
  この果実が活け花やフラワーデザインなどの花材に使われます。

名前の由来 : ツノナスとは角状の突起を持つナスの一種のことから。
  カナリアナスとは実の形がカナリアがとまっているように見えることから。
  フォックスフェイスは和製英語で、果実の姿をキツネ(フォックス)の顔に例えて。
  英名はNipple fruit(ニプル・フルーツ)で、乳首の果実とでも訳すればいいのでしょうか。
  但し、果実には毒性があるとされ、食用にはされません。




データは2011年11月投稿記事を大幅に加筆修正しました。




スポンサーサイト

Posted on 2017/11/19 Sun. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

コリウス 


コリウス1z



コリウス2z



コリウス3z



コリウス4z


コリウス(学名読み)
キンランジソ(金襴紫蘇)
ニシキジソ(錦紫蘇)

分類 : シソ科コリウス属  1年草扱い(多年草)
学名 : Coleus blumei (=Solenostemon scutellarioides)
原産地 : マレーシアなどの熱帯アジア
特徴 : 葉を金襴緞子(きんらんどんす)にたとえたように
  葉色は赤、濃赤、黄、緑色などやそれらが組み合わさった複色があり
  葉の形は一応楕円形をしていますが、丸みを帯びたり、柳葉に近かったり
  葉の縁のぎざぎざの切れ込みは浅かったり深かったり
  多彩な美しい品種が作出されています。
  花は葉の中央部から立ち上がった軸に小さな花を穂状に咲かせます。
  花を咲かせると葉が弱るということで
  早めに摘み取るようにと指導される記事もあります。
  観葉植物の園芸品種なため、花に関する詳しいデータは見つかりませんでした。

名前の由来 : コリウスとはギリシア語の「管」に由来し
  オシベ同士がくっついていることから。
  和名は、いずれも葉の美しさから。




Posted on 2017/11/01 Wed. 10:00 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

ヤナギバヒマワリ(柳葉向日葵) 



ヤナギヒマワリ17-2z



ヤナギヒマワリ17-1z



ヤナギヒマワリ17-3z



ヤナギヒマワリ17-4z



ヤナギヒマワリ17-5z


ヤナギバヒマワリ(柳葉向日葵)

分類 : キク科ヒマワリ(ヘリアンサス)属  多年草
学名 : Helianthus salicifolius
原産地 : 北アメリカ~中央アメリカ
特徴 : 草丈50~100cm。
  葉は長さ30~70mm、幅4mmほどの細葉。
  株いっぱいに沢山の小型の花が付く多花性。
  外側の舌状花は鮮やかなレモンイエロー色で
  中央部の筒状花(=管状花)は濃褐色をしていて
  この組み合わせが可愛いヒマワリです。
  花径は4~6cmです。
  耐暑性、耐寒性ともに強く、育てやすい花です。

名前の由来 : 細い葉をヤナギの葉に例えた。

メモ=花が終わる頃になると地上部に新しい葉が現れて冬を越します。
  園芸品種には「ゴールデンピラミッド」と
  「イエローサブマリン」というのがありました。
  この花の品種名は分かりませんでした。



データなどは2012年10月投稿記事に加筆修正しました。



Posted on 2017/10/20 Fri. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

コガネタヌキマメ(黄金狸豆) 



コガネタヌキ1z



コガネタヌキ2z



コガネタヌキ3z



コガネタヌキ4z


コガネタヌキマメ(黄金狸豆)

分類 : マメ科タヌキマメ属  1年草 (多年草とする図鑑あり)
学名 : Crotalaria assamica
原産地 : インド 東南アジア
特徴 : 草丈100~150cm。
  葉はほぼ卵形をして先端は丸く、長さ15~20cmほど。
  葉の付け根には4~8mmの托葉が1対ある。
  茎は直立して無毛。(茶褐色の微毛が密生する近似種があるそうです)
  花は直立した茎の先端と葉の腋から出た軸に付き
  鮮やかな黄色をした花径25mm前後の蝶形花を咲かせます。
  豆果は長楕円形で50mmくらい。
  種が熟すと莢(さや)の中でカラカラと乾いた音がします。

名前の由来 : 鮮黄色の花を咲かせるタヌキマメということから。
  
メモ=もともとは緑肥植物として導入されたらしいですが
  花が美しく観賞用として栽培されるようです。
 ・ネット図鑑を検索したらよく似た花がいくつか見つかりました。
  しかし、それぞれの記事によって名前が違ったり、学名が違ったりしていました。
  また、植物の特徴も、葉は披針形とされたり、狭卵形~狭楕円形であったり
  茎や葉には茶褐色の軟毛が密生するとされていたりして、名前に混乱がありましたが
  花色の特徴から、コガネタヌキマメの名前で投稿することにしました。




データなどは2011年9月投稿記事に加筆修正しました。



Posted on 2017/10/18 Wed. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

シロタエヒマワリ(白妙向日葵) 



シロタエヒマワリ1z



シロタエヒマワリ2z



シロタエヒマワリ3z



シロタエヒマワリ4z


シロタエヒマワリ(白妙向日葵)
ギンヨウヒマワリ(銀葉向日葵)

分類 : キク科ヒマワリ属  1年草
学名 : Helianthus argophyllus
原産地 : 北アメリカ南部地方
特徴 : 全草に白色の綿毛が密生していて、草丈60~200cm。
  葉は広い卵形で縁にゆるいぎざぎざ(鋸歯)があり
  長さ15~25cm、幅10~20cm。
  茎の上部で枝分かれし、枝先に花径10cmほどの花を次々に咲かせます。

名前の由来 : 全体が白い綿毛を密生させていることから。
  別名は葉を銀色に見立てて。




Posted on 2017/10/10 Tue. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ジニア・リネアリス 


ホソバヒャク1z



ホソバヒャク2z



ホソバヒャク3z



ホソバヒャク4z



ホソバヒャク5z



ホソバヒャク6z


ジニア・リネアリス(旧学名読み)
ホソバヒャクニチソウ(細葉百日草)

類 : キク科ジニア属  1年草
学名 : Zinnia angustifolia (=Zinnia linearis)
原産地 : メキシコ
特徴 : 普通花壇などに植えられる「百日草=ジニア」の仲間で
  葉が細いので「細葉百日草」とも呼ばれます。
  見慣れたヒャクニチソウは、ジニア・エレガンスという品種だそうで
  一重のほか八重咲き、ダリア咲きなどがあり、花色も多彩ですが
  このリネアリスは一重か半八重咲きで
  草丈20~30cm、花径3~4cmほどと小柄です。
  花色は白、橙のほか黄、赤があり、花期は初夏から晩秋までと長いです。

名前の由来 : ジニアはドイツの植物学者ジン(Zinn)さんにちなんだ名前で
  リネアリスは、ラテン語で「細い線のような」の意だそうです。

メモ=現在の学名はジニア・アングスティフォリアとなっていて
  「細い」+「葉」が語源だそうです。



データなどは2012年9月投稿記事に加筆修正しました。



Posted on 2017/10/08 Sun. 10:45 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

サルビア・コクシネア ’コーラルニンフ’ 


コーラルニンフ1z



コーラルニンフ2z



コーラルニンフ3z



コーラルニンフ4z


サルビア・コクシネア  ’コーラルニンフ’ (学名読み)
ベニバナサルビア(紅花サルビア) 
トロピカルセージ

分類 : シソ科サルビア(アキギリ)属  非耐寒性多年草(1年草扱い)
学名 : Salvia coccinea 'Coral Nymph'
原産地 : 北アメリカ(メキシコ)
特徴 : 草丈50~60cm。
  葉は楕円形で、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
  15~25cmの花茎を立て、花径3cmほどの唇形の花を付け
  花弁の先にオシベとメシベが突き出ます。
  花色は紅、白とピンクのツートン、白などがあります。
  花期は初夏から晩秋までと長く
  花つきは多くありませんが、次々に咲き、楽しませてくれます。

名前の由来 : サルビアとはラテン語で「治療」とか「健康」の意で
  コクシネアは、「紅色の」という意。
  品種名の「コーラルニンフ」のコーラルは、サンゴ色のことで
  ニンフは、ギリシア神話に出てくる妖精の名前。

メモ=学名の coccinea の読みを
  「コクシネア」「コッキネア」「コクキネア」とする図鑑があり
  どれも同じ品種です。



データなどは2012年11月投稿記事からの転載です。



Posted on 2017/10/01 Sun. 10:01 [edit]

CM: 0
TB: --

top △