ハボタン(葉牡丹)…2/2 



ハボタン18-6z



ハボタン18-7z



ハボタン18-5z



ハボタン18-77z



ハボタン18-9z


ハボタン(葉牡丹)…2/2
ボタンナ(牡丹菜)


ハボタンの元祖は紫キャベツのような着色系野菜から
 江戸時代に日本で改良されたものだそうで
 野菜が観賞植物になった例は世界でも珍しいそうです。

 最初は縮みのない丸葉だったそうで、その後細かく縮れた品種や
 葉が多数切れ込む品種、紅白のカンザシ系の品種などが育成され
 現在に至っているそうで、それに伴い耐寒性も増し
 今では東北地方でも戸外栽培が可能になっているそうです。



スポンサーサイト

Posted on 2018/02/23 Fri. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ハボタン(葉牡丹)…1/2 


ハボタン18-1z



ハボタン18-2z



ハボタン18-3z



ハボタン18-4z


ハボタン(葉牡丹)…1/2
ボタンナ(牡丹菜)

分類 : アブラナ科アブラナ属  多年草(暑さに弱いため1年草扱い)
学名 : Brassica oleracea var.acephala
原産地 : 西ヨーロッパ
特徴 : キャベツの仲間のケールを観賞用として品種改良したもの。
  日本には中国から江戸時代に渡来し、多くの園芸品種が作出されています。
  耐寒性に優れているため、花が少なくなった冬の花壇などに植えられたり
  正月のお飾りとして使われたりします。
  葉の形や姿により
  ・丸葉系=葉が滑らかで葉の縁に襞(ひだ)がないもの。
  ・縮緬(ちりめん)系=波状に襞のある葉が細かく縮れるもの。
  ・珊瑚(さんご)系=葉に切れ込みが入るもの。切葉ハボタンとも呼ばれます。
   などがあります。
名前の由来 : 重なり合った葉がボタン(牡丹)の花のように美しいことからとか
  葉をボタン(牡丹)の花に見立てたという説がありました。

メモ=本来は多年草ですが、夏の暑さに弱いため
  園芸図鑑では1年草扱いになっていることが多いです。
  しかし、上手く夏越しをさせてやると、1株に複数の脇芽がつき
  これを育てたものを「踊り葉牡丹」といい、珍重されます。



データなどは2015年2月投稿記事に加筆修正しました。
 
○散歩の途中で花壇やプランターなどに植えられているいろいろなハボタンに出合いましたので
 2回に分けて投稿します。




Posted on 2018/02/22 Thu. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

プリムラ・ジュリアン 



ジュリアン18-1z



ジュリアン18-2z



ジュリアン18-3z



ジュリアン18-4z



ジュリアン18-5z



ジュリアン18-6z


プリムラ・ジュリアン(学名読み)

分類 : サクラソウ科サクラソウ(プリムラ)属  半耐寒性多年草(1年草扱い)
学名 : Primula juliae hybrid (=Primula × juliana )
原産地 :ヨーロッパ~コーカサスの 園芸品種
  (ポリアンサにコーカサス原産のジュリアエを掛け合わせ、日本で作出された品種)
特徴 : プリムラ・ジュリアンとプリムラ・ポリアンサ(ポリアンタ)はよく似ています。
  数年前までは、花径が小さい方がジュリアンで、大きいのがポリアンサといわれていましたが
  最近では多くの改良品種が生まれていて
  品種名が書かれた名札がなければ、ジュリアンかポリアンサかの違いは分かりません。
  しかし、どちらの品種も株元から5~20cmほどの花茎を伸ばし
  花径3~4cm、又は6~8cm花を咲かせます。
  花色は多彩で、一重の他、八重咲やバラ咲といわれる品種もあります。

名前の由来 : プリムラとは、他の花に先駆けて咲くことからラテン語の「最初」の意。
  ジュリアンとは親種の「ジュリアエ」と「ポリアンサ」の一部ずつをとって名付けられた。
  ポリアンサとは「多花性」の意ということでした。

メモ=名札が付いていない花を写してきたので、ポリアンサかもしれませんが
  あるネット図鑑によれば、ポリアンサは花茎が長く伸びて花が咲き
  ジュリアンは株元で花が咲くとあったので、ジュリアンとして投稿しました。



データなどは2012年3月投稿記事に加筆修正しました。



Posted on 2018/02/21 Wed. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

オオジュリン(大寿林)冬羽 



オオジュリン18-2z



オオジュリン18-4z



オオジュリン18-6z



オオジュリン18-5z



オオジュリン18-7z


オオジュリン(大寿林)
冬羽


分類 : スズメ目ホオジロ科  関東地方以南で冬鳥
分布 : 北海道~東北地方で繁殖し、秋に関東地方以南に移動。
生息地 : 平地の湖沼、湿原などの葦原
体長(全長) : 約16cm   ホオジロくらい
特徴 : オスの冬羽は、頭部と喉は黒っぽく、胸に褐色の縦斑が入る。
  夏羽は、黒い頭部と首の回りが白いそうです。
  ホオジロ類の中では湿潤な環境を好み
  葦(あし)原などに多いということです。
  この仲間には一回り小さなコジュリン(小寿林)や
  数少ない冬鳥のシベリアジュリンがいるそうです。

名前の由来 : 「チュィーン」とか「チュリーン」と鳴く声がなまって
  「ジュリン」になったそうです。
  漢字表記の「寿林」については分かりませんでした。

メモ=ほぼ同大で体の色模様が似た鳥に
  ホオジロ(頬白)、ホオアカ(頬赤)、カシラダカ(頭高)などがいて
  見極め(同定)が難しい鳥でしたが
  冬は葦(あし)の葉と茎の間を嘴で(くちばし)で剥(む)
  中に隠れている昆虫を食べるということだったので
  オオジュリンとして投稿ました。



データなどは2014年2月投稿記事に加筆修正しました。



Posted on 2018/02/19 Mon. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ユリカモメ(百合鴎) 



ユリカモメ18-2z



ユリカモメ18-5z



ユリカモメ18-3z



ユリカモメ18-1z



ユリカモメ18-4z


ユリカモメ(百合鴎)

○先月、玉名市の横島干拓にマナヅルを観に行った帰りに
 長洲港と多比良港を結ぶフェリーの港に立ち寄り
 写していたユリカモメです。
 撮影からひと月ほど遅れの投稿になりました。


野鳥図鑑などによれば 「伊勢物語(九段)」に出てくる
 「名にし負はばいざ言問(ことと)はむ都鳥
 わが思ふ人はありやなしやと」のミヤコドリとは
 前後の文章からユリカモメのことではないかとされています。
(この記事は2017年3月投稿記事からの抜粋です)




Posted on 2018/02/18 Sun. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ミサゴ(鶚) 2/2 



ミサゴb18-1z



ミサゴb18-2z



ミサゴb18-3z



ミサゴb18-4z



ミサゴb18-7z



ミサゴb18-6z


ミサゴ(鶚 又は 雎鳩)2/2
ウオタカ(魚鷹)



○いつもはカワウが休んでいる場所にミサゴがとまっているのを見かけました。
 車の中から数カットカメラに収め、引き返して見直したら
 獲物の魚を食べているところだったので
 ゆっくり車を移動しながら写すことにしました。
 ミサゴとの距離は数十メートル離れてはいましたが
 食事の邪魔をしてはいけないと思い、数分でこの場を離れました。



Posted on 2018/02/16 Fri. 10:00 [edit]

CM: 3
TB: --

top △

ミサゴ(鶚) 1/2 



ミサゴ18-1z



ミサゴ18-2z



これから下3枚は同一個体で、後の3枚は別個体です。
ミサゴ18-3z



ミサゴ18-4z



ミサゴ18-5z



ミサゴ18-7z


ミサゴ(鶚 又は 雎鳩)1/2
ウオタカ(魚鷹)

分類 : タカ目ミサゴ(タカ)科  留鳥
分布 : 日本全土
生息地 : 海岸 河川 湖沼など
体長(全長) : オス約55cm  メス約65cm  トビとほぼ同大
特徴 : 頭部は白く、太い黒褐色の過眼線が後頭部まで伸びています。
  上面は黒褐色で下面は白色。
  魚類を主食とし、水面を高く飛びながら獲物を探し
  見つけるとホバリング(停空飛翔)で狙いを定めて急降下し
  鋭く尖った捕えるということです。
  運ぶ時は空気抵抗を減らすため、頭を前にして飛びます。
  準絶滅危惧(NT)になっています。

名前の由来 : 獲物をとるときに水に飛び込む音を「ビシャゴ」と表したのが転じて
  「ミサゴ」になったという説がありました。

メモ=何かとニュースの話題になっている
  米国軍用機「V-22」の通称「オスプレイ(OSPREY)」はこの鳥の英語名です。




※データなどは2015年12月投稿記事からの転載です。
 明日もう1回この鳥を投稿します。



Posted on 2018/02/15 Thu. 10:00 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

2018-02