サンゴシトウ(珊瑚刺桐) 


サンゴシトウ2z



サンゴシトウ3z



サンゴシトウ5z



サンゴシトウ6z


サンゴシトウ(珊瑚刺桐 又は 珊瑚紫豆)
ヒシバデイゴ(菱葉梯梧)

分類 : マメ科デイゴ属  落葉低木
学名 : Erythrina × bidwillii
原産地 : オーストラリアの植物園で作出された園芸品種
特徴 : 樹高3~4mで枝葉は細くて長く伸びる。
  枝は褐色を帯びた緑色をして、所々に刺(とげ)があります。
  葉は菱形状の広い卵形の3出複葉で、小葉の長さは5~10cm。
  枝先に長く伸びた花茎に3~5cmほどの筒状の刀のような花を咲かせます。

名前の由来 : 赤い珊瑚のようにいっぱい咲き、枝葉に刺があってキリ(桐)のようだから。
  また、紫色をしたマメ科の花ということから。

メモ=南アメリカ原産のアメリカデイゴと
  北アメリカ原産のエリスリナ・ヘルバケアを交配させて出来た品種。
  アメリカデイゴに似ていますが
  アメリカデイゴの花弁(旗弁)は大きく開いていますが
  サンゴシトウの花弁(旗弁)は細長く筒状になって咲きます。



スポンサーサイト

Posted on 2017/07/20 Thu. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ホルトノキ 


ホルトノキ2z



ホルトノキ3z



ホルトノキ5z



ホルトノキ6z


ホルトノキ(漢字表記はありません)
モガシ(茂樫)
街路樹

分類 : ホルトノキ科ホルトノキ属  常緑高木
学名 : Elaeocarpus sylvestris v.ellipticus
分布 : 本州(千葉県以西)~沖縄
  暖い沿岸地の林内に生える。
特徴 : 樹高10~15m。
  葉は革質の披針形で長さ5~12cm、幅2~3cm。
  縁には鈍いぎざぎざ(鋸歯)があります。
  古くなった葉は赤く色づくことから、年中一部の葉の紅葉が見られます。
  前年出た枝の葉腋(ようえき)から長さ4~8cmの軸を出し
  小さな花を15~20個咲かせます。
  花の大きさは1cmほどで、花弁は5個で上半部は糸状に細かく裂けます。
  メシベは1個、管状をしたオシベは多数。
  果実は1.5~2cmの楕円形で晩秋から冬に黒青色に熟れる。

名前の由来 : 「 ホルト」はオリーブの別名で
  果実の形が似ているため誤認したものだそうです。




Posted on 2017/07/19 Wed. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ヒメワレモコウ(姫吾亦紅) 


ヒメワレモコウ1z



ヒメワレモコウ3z



ヒメワレモコウ4z



ヒメワレモコウ5z


ヒメワレモコウ(姫吾亦紅 又は 姫吾木香)


分類 : バラ科ワレモコウ属  多年草
学名 : Snguisorba sp.
原産地 : 分かりませんでした。
特徴 : 草丈15~30cm。
  葉は奇数羽状複葉で、葉の縁にぎざぎ(鋸歯)があります。
  枝先に小さな花が集まった2cm前後の円筒状の花穂がつき
  花径4mmほどの小さな花が上から下へ咲き下ります。
  一つ一つの花には花弁はなく、暗紅色をした萼片が花のように見えます。

名前の由来 : 自生種のワレモコウより草丈、花穂が小さいことから。
  ワレモコウには諸説あり、その一つに
  小さな花の蕾が「木瓜(もっこう)紋」に似て、×印が入っているように見えることから
  「割れ木瓜(もこう)」を語源とするというのがあります。

メモ=自生種のワレモコウに比べると矮性で、こぢんまりとまとまって花が咲きます。
  自生種の開花期は8月以降ですが、この品種は6~7月です。
  この花をいろいろ検索しましたが、正確な品種名は分かりませんでした。
  似た品種としてはヤクシマワレモコウ(屋久島吾亦紅)とか
  韓国済州島原産のタンナワレモコウ(耽羅吾亦紅)とかがありました。



Posted on 2017/07/18 Tue. 10:37 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

アカンサス 


アカンサス1z



アカンサス2z



アカンサス6z



アカンサス3z


アカンサス(属名の英語風読み)
ハアザミ(葉薊)

分類 : キツネノマゴ科アカンツス(ハアザミ)属  多年草
学名 : Acanthus mollis
原産地 : ヨーロッパ南部~アフリカ北西部
特徴 : 草丈約80~100cm。
  葉は濃緑色で羽状に深く裂け、縁には刺(とげ)があり、長さ50cmほど。
  根元から太い花茎を伸ばし、花穂の下から順に花を咲かせます。
  花は刺のある緑~紫色を帯びた苞(ほう)に包まれ
  上部に赤紫色の萼が付き、そこから3cmほどの唇形の花を出します。

名前の由来 : 属名のアカンツスとは、花の付け根の苞に刺があることから
  ギリシア語の「刺(とげ)」の意だそうです。
  和名のハアザミは、葉がアザミの葉に似ていることから。

メモ=アカンサスとは、アカンツス属の総称で
  観賞用として栽培される品種には
  モリス種、スピノサス種、ハンガリカス種などがあるそうで
  その中でもモリス種が一般的によく栽培されているとのことです。

  (学名はモリス種を採りました)



Posted on 2017/07/17 Mon. 10:19 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

ナツツバキ(夏椿) 


ナツツバキ17-1z



ナツツバキ17-2z



ナツツバキ17-5z



ナツツバキ17-4z


ナツツバキ(夏椿)
シャラノキ(沙羅木)

庭木栽培

分類 : ツバキ科ナツツバキ属  落葉高木
学名 : Stewartia pseudo-camellia
分布 : 本州(宮城県、新潟県以西)~四国・九州
特徴 : 山地に生え、樹高10~20m。
  葉はやや厚い卵形で、長さ4~12cm。
  花径5~6cm、花弁の縁に細かいぎざぎざ(=鋸歯)がある。
  朝に開花し、夕方には咲いた姿のままで落花する1日花。
  樹皮は黒味を帯びた赤褐色で薄く剥がれ
  薄赤褐色~灰白色と変化して斑(まだら)模様になります。
  剥がれた後の木肌は滑らかになり
  地方によってはサルスベリと呼ばれるそうです。

名前の由来 : 夏に咲くツバキということで。
  別名のシャラノキは
  熱帯性植物のサラソウジュ(沙羅双樹)に擬せられた名前ということです。



データなどは2012年7月投稿記事からの転載です。



Posted on 2017/07/16 Sun. 10:03 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ミナミノシマゴミグモ 


ゴミグモ2z



ゴミグモ3z



ゴミグモ4z



ゴミグモ5z


ミナミノシマゴミグモ
(漢字表記は不明)

分類 : 節足動物  クモ目コガネグモ科
体長 : メスは5~8mm  オスは約4mm
分布 : 本州(中国地方以西)~南西諸島
  海岸沿いに多く見られるそうです。
特徴 : 腹部に縞模様があり、後端が尖っています。
  枝や葉の間などに円形の網を張り
  枯葉や食べかすなどのゴミを網の中心部に集め
  そのゴミの中に身をひそめていることが多いそうです。

名前の由来 : ゴミグモとは、クモの形や色がゴミに似て
  餌の食べかすなどのゴミを連ねるクモということから。
  「ミナミノシマ」の由来は分かりませんでした。

メモ=この仲間にはゴミグモ、シマゴミグモ、ヤマトゴミグモなど似たものがいました。
  あちこちのネット図鑑を見比べながら判別(同定)したので
  間違っているかもしれません。
  間違っていたらご指摘ご指導のほどお願いいたします。
 ●「ゴミグモ」の漢字表記は「塵蜘蛛 又は 塵埃蜘蛛」でしたが
  ミナミノシマは多分「南縞」だろうとは思うのですが
  明記している図鑑は見当たりませんでした。



Posted on 2017/07/15 Sat. 10:46 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

アオバハゴロモ(青翅羽衣) 


アオバハゴロモ1z



アオバハゴロモ2z



アオバハゴロモ4z



アオバハゴロモy1z
白い綿状の分泌物に覆われている幼虫です。


アオバハゴロモ(青翅羽衣)

分類 : カメムシ(半翅)目アオバハゴロモ科
体長 : 6mm前後  翅先まで10mm前後
分布 : 本州~沖縄
  低山地等の照葉樹林などで普通に見られます。
特徴 : セミに近い仲間。
  全体が青緑色で翅の縁が淡紅色をして
  前翅は閉じ、横から見ると三角形状。
  成虫、幼虫とも集団でいることが多い。
  幼虫は白い綿状の分泌物に覆われています。
  成虫、幼虫とも近くに寄るとピョ~ンと跳ねて飛び去ります。
  食性は幅広く、クワ、チヤなどのほか
  果樹などの汁を吸うので害虫扱いされます。

名前の由来 : 「ハゴロモ」には鳥や虫の「はね」という意味があるそうで
  青緑色をしたきれいな前翅が由来ということです。



Posted on 2017/07/14 Fri. 10:07 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

2017-07